京の冬の旅 2011
2011年 12月 16日
今年も行ってまいりました、「京の冬の旅2011」。
12/9の夜に移動して、大阪の友人宅にお世話になります。
12/10のお昼頃に京都駅で九州からやって来た友人と合流し、京都散策が始まります。
プランは定まっておらず、行きたいお店がいくつかあるだけです。
まず四条河原町に出まして、私の行きたかったお店「井澤屋」へ行きます。
こちらで念願の品を手に入れ(これはまたいずれお披露目いたします)、祇園の方に向かい黒七味を目指します。
それから花見小路を「ここって前からこんなに綺麗やったっけ?」と話しながらぶらぶらした後、色々とお店をひやかしつつ、四条大橋へ戻ります。

b0131366_161621.jpgこの日の昼食はこちらです。
以前から気になりつつも(かれこれ20年?)入ったことがなかったのです。
友人が口コミサイトで調べると「雰囲気は最高、味は今一つ」とありました。
今回は、チャーハン・水餃子・春巻き・ビールを頼んだのですが・・・
えぇまさしくその通りでした。

b0131366_16161144.jpg別にまずくは無いのですが、2000円弱の単価の割には美味しくないのです。
いたって普通の味でした。
単価が安ければさほど不満に思わなかったと思います。
内装はこんなに素敵で見晴らしも良く、本当に「雰囲気は最高、味は今一つ」のお店でした。でも、「このお店で食べてみる」という目的は達成ですので、ある意味満足です。

b0131366_16162149.jpg食事の間に次の目的地が決まりました。
嵐山に残っているかもしれない、僅かの紅葉を見に行くことにしました。
高島屋に行き、運良く売り切れ直前の双葉の豆餅を買った後、上にあがって鳩居堂の葉書を買い、林万昌堂の栗を買い、河原町から阪急電車で移動です。
16:00過ぎに阪急嵐山の駅に着き、駅前で観光案内のチラシを手に取ると・・・

b0131366_16372797.jpgそのチラシには、こ~んな素敵なお写真が!
12/9~18の間行われている「京都花灯路」だそうです。
「これは見に行かねば!」と鼻息が荒くなりました。
嵐山で見るべきものは、紅葉からライトアップに変更です。

ライトアップは17:00からですので、それまでお茶をして時間をつぶすことにしました。
お店で休憩し、夜道の散策に備えて体を温めた後はいざ出発です。

b0131366_16163888.jpg・・・

b0131366_16164691.jpg・・・






結局、チラシに掲載されている「竹林の小径」のお写真の場所にはたどり着けませんでした。
b0131366_1643856.gifかなりの人出で、歩みが全然進まないのです。
天龍寺辺りまではそこそこの進み具合だったのですが、ここらへんからピタッと歩みが止まりました。
画像はチラシの案内図です。
こちらに書かれているの「○分」は所要時間だそうですが、土曜日の夜に限ってはまったくの嘘っぱちです。
天龍寺から野宮神社までの所要時間は5分のはずなのですが、12/10は4~50分は掛かりました。


17:00過お店を出て歩き始め、野宮神社に着いた時は既に18:00前でした。
20:00頃には大阪の友人宅に戻るつもりでしたので、嵐山の出発予定時刻は18:30です。
駅までの移動時間を考えると18:00頃には折り返さないといけません。
薄暗い中の足元灯だけを見続けること40分、なんか出てきそうな足元灯だけの薄暗い竹の小径を歩くこと40分、「ここ夜一人で歩くの絶対いややわ」友人と語りながら歩くこと40分、この亀の歩みでは、予定の時刻までにメインの箇所であるトロッコ嵐山の辺り(オレンジで太く強調してある箇所です)までは行けそうにありません。
せっかくここまで来たのだからと、宮神社にお参りし、竹の小径は諦めて、帰ることにしました。

見終わって帰ってきた人の会話から漏れ聞こえた「神戸のルミナリエのほうが綺麗やな」という言葉が、ささやかな慰めでした。


この週末にお出かけを予定されている方は、
①17:00前からスタートする
②列車でトロっコ嵐山まで移動し、そこからスタートする
(私たちの歩いたコースの逆向きですね)
③天龍寺から曲がらずに大回りをして野宮神社から合流する
のいずれかをお薦めいたします



b0131366_16165862.jpg12/11は顔見世です。
昼の部を観ました。
「お江戸みやげ」は初めて観ましたが、かなり面白かったです。。
三津五郎も翫雀も芸達者で、仁左衛門はカッコ良く、時蔵は色っぽくて素敵でした。
そうそう、愛之助もますます素敵です。

b0131366_16225014.jpgこの日の着物はこちらです。
淡いピンクのシルック小紋にパステル鏡紋の綴です。
帯揚は藤色のゑり萬、ターコイズの三分紐に真珠の帯留を合わせました。
家に帰ってから写真を撮りましたので、着付けがぐずぐずですがご容赦ください。





今年も、諸々堪能致しました。
来年は菊水制覇でしょうか・・・
[PR]
by uzuztama | 2011-12-16 10:48 | 着物を着た日 | Comments(6)
Commented by やっぴー at 2011-12-17 09:55 x
uzuzさんの顔見世日記楽しみにしておりました♪
楽しまれたようでなによりです。
紅葉時期の京都に恐れをなしたワタシです。
先月の京都駅もスゴかったです(ロッカー難民でした)。
Commented by zizi at 2011-12-17 22:13 x
紅葉の時期はあきませんね。南禅寺前で渋滞にはまったときは気を失うほど道路の上におりましたから。お買い物!お買い物!(そごううのCMの体で)堪能されたようでお披露目が楽しみ♪
Commented by ちぃ at 2011-12-18 19:50 x
今年も楽しみにしておりました。
毎日、ラジオで京都はすごい人ですと連呼していましたが、紅葉の時期をすぎても、顔見世にクリスマス。そしてお正月・・・
年々すごくなりますね。四条のレトロな中華のお店、私もずっと気になってました。
なるほど、こんな雰囲気で、お味は今一つなんですね。笑

優しい色のお着物ですね~

Commented by uzuz at 2011-12-19 13:24 x
◎やっぴーさん
顔見世日記のはずが顔見世の記述はちょろっとだけで恐縮です。
今回はなかなか「当たり」でしたよ。
愛之助(と亀)が、好きです。
1月の浅草、観に行きたくなりました。
紅葉の時期の人出もすごかったでしょうねぇ・・・
いつもうろうろするのは四条河原町の辺り、今回は趣向を変えて嵐山に行ってみましたが、えらい目に会いました。
Commented by uzuz at 2011-12-19 13:28 x
◎ziziさん
ホント込む時期は駄目ですねぇ・・・
皆さんお目当ては同じのようで、まるで舞浜の遊園地の順番待ちのようでした。
あっちの方がまだ先が見えるだけましかもしれません。
私も帰りの京都駅前の信号待ちで、タクシーから降りたくなってしまいました。
「お買物」は七緒で見掛けて目がはあとになったお品です。
ネットで下調べ、現地で確認即買い上げです。
お楽しみに・・・
Commented by uzuz at 2011-12-19 13:36 x
◎ちぃさん
京都は年中なんやかんやが企画されていて、結構な人出なんでしょうね。
あの日の嵐山の人出は、河原町の辺りより多かったように思います。
件の中華のお店は、炒飯は油が多すぎましたが水餃子は美味しかったです。
水餃子とビールで軽く・・・という分には満足できるかと思います。
次回は、南座の前の菊水に行こうかという案も出ています。
こちらも「味には期待できないけれど、でもなんだか気になるお店」です。
<< 井澤屋の新塩瀬名古屋帯 12/7の着物 >>



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
最新のコメント
◎香子さん 観に行かれ..
by uzuztama at 14:47
ワタシは明日参りまする。..
by 香子 at 18:31
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 10:28
いつもと少々違うイメージ..
by yamamotoyk at 21:41
◎香子さん ありがとう..
by uzuztama at 16:14
いいですねえ、このぐらい..
by 香子 at 10:16
◎うまこさん きらきら..
by uzuztama at 19:32
まあ、キレイですね☆ ..
by yamamotoyk at 21:35
◎ziziさん 私や姉..
by uzuztama at 10:32
皆様 御背が高いの、羨ま..
by zizi at 19:23
ライフログ
検索
タグ
(168)
(119)
(85)
(78)
(72)
(57)
(41)
(12)
(10)
(8)
(8)
(5)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
画像一覧