カテゴリ:着物を着た日( 264 )
1/6の着物 
2018年 01月 17日
b0131366_14324464.jpg
b0131366_14324880.jpg
b0131366_14325201.jpg
b0131366_14325611.jpg

お社中さんのご自宅で初釜でした。
いつもながら素敵な室礼&お料理で、堪能してまいりました。
(掛軸のみ先生貸与)
こういうことがお一人でできてしまうのですから、すごいですよねぇ~

b0131366_14330131.jpg
b0131366_14330907.jpg

シルック小紋に川島の名古屋帯です。
後姿を撮ってもらったので、お太鼓姿も載せておきます。
電車移動の後なのですが、まぁまぁ綺麗で安心しました。


b0131366_14331245.jpg

お正月のお花、例年ですと玄関内に飾るのですが、その場所は現在、子供の自転車置き場となっており、その横に置けなくもないのですが、自転車の出し入れで倒される可能性が大なので、今年は外に飾りました。
気温が低いおかげか、活けてから18日が経っていますが、千両がちょっとくたびれてきただけで、他は未だに綺麗なままです。
外に置くのも良いですね。




[PR]
by uzuztama | 2018-01-17 14:59 | 着物を着た日 | Comments(4)
12/20の着物
2017年 12月 21日
b0131366_14183453.jpg
b0131366_14182813.jpg
年内最後のお稽古日、母のおさがりを仕立て直した正絹小紋を着ました。
帯は段模様のベージュの帯、くせがなく合わせやすくて重宝しています。
道行も同じく母のおさがりです。
姉や私の着物を見に行った際に、母もなんとなく自分のを作りたくなってお買い上げとなった一式です。
b0131366_14260948.jpg
この日の草履とバッグはこちらです。
着物と道行に合わせて、辛子色とブルーにしました。
今回はバッグが最初に決まっていて(しばらく使っていなかったから使いたかったのです)、となるとこの着物でこの道行きで・・・とくれば草履は絶対これと、さくさくと決まりました。

帰宅してから「クリスマスっぽい着物にするのを忘れてた」と思い出したのですが、柄がちょっとお星さまっぽく見えなくもないような気が・・・ポインセチアのオレンジバージョンのような・・・やっぱ無理・・・


12/20のお稽古:台子濃茶






[PR]
by uzuztama | 2017-12-21 14:22 | 着物を着た日 | Comments(2)
12/13の着物
2017年 12月 14日
b0131366_15051363.jpg

お初の正絹小紋を着ました。
久しぶりのつるつるすべる系の生地でして、床から2cmくらいで腰紐を締めたら、完成する頃には床すれすれになっていました。
次回は気を付けようと思います。
羽織は可愛く淡いピンクの絞りにしました。
極淡のピンクなので長く着ることができ、重宝しています。

b0131366_15051973.jpg

この着物は、格安海外手縫い系にお願いしたのですが、昨日着てみたところ、特に問題も無いようです。
上等のものをお願いする勇気はありませんが、この着物のようにやふおく入手の小紋ぐらいならお願いしても大丈夫な気がします。
ただ不思議だったのは、掛衿と内揚にぐし躾けがしてあります。
袖口や裾にはありません。
内揚げに入っているのは時折見かけますが、小紋で掛襟にというのは初めてです。
謎です。

b0131366_15054203.jpg

帯締は先日購入したばかりのものを初使いです。
手持ちの帯揚とぴったりで驚きました。


12/13のお稽古:台子濃茶






[PR]
by uzuztama | 2017-12-14 17:00 | 着物を着た日 | Comments(4)
11/22の着物
2017年 11月 24日
b0131366_09452600.jpg
淡い緑の紅花紬に紫の菊唐草の帯を締めました。
この帯を11月中に締めておきたかったのですが、ちゃんと間に合いました。
紫には緑を合わせたくて、この紬一択だったのですが、天気予報が微妙でして、夜から雨とのことでした。
まぁ大丈夫だろうと決行したのですが、帰りの17:00頃から降り始めていて、幸いにもぽつぽつだったので、「天気予報のうそつき」と罵りながら大急ぎで帰りました。
b0131366_14160333.jpg
この日のショールがこちらです。
左下の大きい花はストールピンです。
このショール、「色がぴったり合ってる」とお褒めいただきました。
葉の緑とこの日の着物の緑はほぼ同色なのです。
そりゃぁねぇ、好きな色のものを集める傾向があるので、おのずと色がそろってくるわけでして・・・
花の色のちょっと紫寄りのピンクは前回着た紬と同じ系統で、この小紋とほぼ同色ですし、納戸色は財布と同じ色です。
ストールピンのターコイズ系のものも、色々と持っています。
自分の好みの偏りを感じつつも、好きな色に囲まれて幸せです。


11/22のお稽古:貴人点濃茶






[PR]
by uzuztama | 2017-11-24 14:02 | 着物を着た日 | Comments(2)
11/15の着物
2017年 11月 16日
b0131366_21453584.jpeg
紅花紬に菊唐草(?)の染帯を合わせました。
この帯にはこの着物がまず思いつくので、毎年一度はこの組み合わせをしている気がします。
菊が目立つ柄のものは11月中に着たり締めたりしておきたく、あと1本帯が残っていて、来週のお稽古でノルマ達成です。
(菊唐草は年中大丈夫なんでしょうが、まぁ、秋のうちに一度は着用しておきたいなと思うのです)

11/15のお稽古:唐物






[PR]
by uzuztama | 2017-11-16 10:44 | 着物を着た日 | Comments(4)
11/1の着物
2017年 11月 02日
b0131366_15323488.jpg
b0131366_15324421.jpg

前回の寒さがうそのようです。
羽織るものが無くても全然平気です。
(帰る頃には日が暮れているので、ストールは持参しました)

大島紬に朱の染帯を合わせました。
帯を締めてしまってから、「あぁこの帯には金彩があるから、紬には合わせないことにしてたんだった」と思い出しました。
「黒に朱ってべただけど、可愛くて好き♡」の念が先行していて、すっかり失念していました。
柄の中に盛り上がっているのがちょっとあるだけだし(朱色の花びらのまわりと花芯)、地色のさっと唐草みたいのが引いてあるのは「黄土色」に見えなくもないし・・・と自分を納得させて、そのまま出かけました。
そんなにきんきらした帯ではないのですが、でもまぁ気になると言えば気になるのです。
次回は気を付けようと思います。

前回から試してみている、コーリンベルトの位置をずらす件ですが、今のところ快調です。


11/1のお稽古:濃茶平点前






[PR]
by uzuztama | 2017-11-02 15:42 | 着物を着た日 | Comments(4)
10/16の着物
2017年 10月 17日
寒暖差が激しすぎます。
一ヶ月ちょっと前に、「単衣の時期だけど30℃越え、薄モノ着ても大丈夫かしらん」と悩んでいたのがうそのようです。
紅葉の季節から桜の季節までが羽織の着用時期だそうですが、寒いので羽織着用です。
雨降りでしたので、羽織も着物も濡れてもへっちゃらシルック素材です。
こちらの着物は、なぜだか着るのを忘れてしまい、菊の柄が目立っているので、できるだけ秋のうちに着ておきたかったのになぁと思いつつ、冬以降に着ることが多い着物です。
今年はちゃんと秋のうちに着ることができました。

b0131366_15464901.jpg
b0131366_15470999.jpg

いつもいつも着物の下前が緩んでくるので、今回はコーリンベルトの留める位置を変えてみました。
(長襦袢は腰紐付きなので大丈夫なのです)
通常は左右対称の高さに留めるのですが、下前はもうちょっと高い位置に留めてみました。
下前は掛衿の端ギリギリぐらい、上前は帯で隠れる位置です。
結果は成功でした。
いつものように緩んでくることはありませんでした。
左右でおんなじ位置に留めないといけないと思っていたのですが、そういうわけでもなかったんですね。
(「私の場合は」ということかもしれませんが)
今後はこの方法に変えたいと思います。




10/16のお稽古:五行棚炭手前






[PR]
by uzuztama | 2017-10-17 16:04 | 着物を着た日 | Comments(4)
9/27の着物
2017年 09月 28日
b0131366_16383398.jpg
雪輪の単衣ポリ小紋に博多帯を合わせました。
いつもなら白っぽい帯を合わせるのですが、秋単衣ということで頑張って濃いめの色にしてみました。
(合ってないとは思わないのですが、なんだか落ち着きません)
9月も最終週なので、絽の半襟ははずしてレースの半襟、帯揚も袷用のものにしました。


9/27のお稽古:逆勝手炭手前






[PR]
by uzuztama | 2017-09-28 16:48 | 着物を着た日 | Comments(0)
9/13の着物
2017年 09月 14日
b0131366_13263878.jpg
ポリ紗小紋に紗献上です。
9月も半ばだしなぁと、だいぶ悩んだのですが、如何せん30℃超えの快晴となれば、大目に見てもらえるだろうと、夏物に逆戻りです。
一応、透け感の低いものにしました。
せめて帯だけでも単の帯にしようかとも思ったのですが、なんだか紗には合わない気がします。
悩んだ末に、いさぎよく夏帯を締めることにしました。

こういう場合(9月半ばに夏物を着る場合)のために、博多献上の八寸を買おう!と思いつき・・・
でもこういう機会はそうそうないだろうし、いや天候不順だからありえるかも、買っちゃう?、やめとく?、ともんもんとすることしばし・・・
最初は白や生成りの無地の博多献上があればと思っていたのですが、探していると色の入ったものに心惹かれます。
でも、お値段がだいぶあがります。
また、私の持っている着物って、「博多献上がすごくよく合う」というのは少ないように思います。
・暑くて夏物を9月半ば以降に着るとき用(万が一に備えて)
・夏帯はそこそこあるから、あえて7・8月には締めないと思う
・夏物を着るほど暑い日なら、紗献上でも大目に見てもらえるんじゃない?
・袷の時期の着用としては4・5・10月?
・合う着物があんまり無い気がする
・そんなに暑い日なら、着物じゃなくてもう洋服にすれば?
う~ん、お値打ちのにどこかで巡り合えたらということで、今回は見送るほうが無難ですね。
長襦袢はお初の麻です。


9/13のお稽古:盆点・茶筅荘り





ちなみに「これ好き♡」と思ったのは、こちらです。
b0131366_11285102.jpg








[PR]
by uzuztama | 2017-09-14 10:04 | 着物を着た日 | Comments(8)
9/6の着物
2017年 09月 07日
b0131366_15504596.jpg
8月には、9月の1回目って薄物かなぁと思っていたのですが、思いのほか涼しくて(今年は秋になるのが早いですね)、単衣を着ました。
シルックのちそう小紋にやふおくで入手の漆の帯です。
本当に秋の単衣というのが苦手で(もともと単衣の所有枚数が少ないし、何を着ても爽やか系・・・)、臙脂の帯揚が精いっぱいです。
b0131366_15505682.jpg
先生がご用意してくださった主菓子が素敵でした。
鶴屋吉信の初秋(はつあき)です。
朝露に濡れる桔梗を表現しているそうです。
紫のきらきらが綺麗です。
b0131366_15510561.jpg
お社中さんが、ノーベル博物館に行かれたそうで、メダルチョコをお土産に持ってきてくださいました。
大きくてきらきらです。


9/6のお稽古:点茶盤薄茶点前





[PR]
by uzuztama | 2017-09-07 16:07 | 着物を着た日 | Comments(0)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
◎香子さん えぇ、お社..
by uzuztama at 11:10
◎ziziさん 今年も..
by uzuztama at 11:05
えっ、お社中さんの自宅!..
by 香子 at 21:12
今年もよろしくお願いしま..
by zizi at 20:15
◎ziziさん お返事..
by uzuztama at 14:26
色見本が頭に入っているん..
by zizi at 22:38
◎香子様 えぇ、なかな..
by uzuztama at 16:34
更紗柄でしょうか、全体を..
by 香子 at 18:23
◎香子さん ありがとう..
by uzuztama at 16:49
とても好みでございます〜..
by 香子 at 22:41
ライフログ
検索
タグ
(157)
(102)
(85)
(83)
(82)
(71)
(39)
(35)
(35)
(33)
(19)
(16)
(15)
(12)
(10)
(10)
(7)
(5)
(5)
(2)
ファン
記事ランキング
画像一覧