カテゴリ:着物&着物廻りいろいろ( 47 )
長襦袢の裄直しが間に合わない時
2017年 03月 22日
b0131366_23341216.jpg
裄1尺8寸2分の着物に1尺7寸8分用の長襦袢を合わせると、袂から長襦袢が覗きます。
これをなんとかすべく絶賛ちくちく中なのですが、以下は間に合わなかったときの応急処置です。

b0131366_23344593.jpg
振りを合わせて、縫い代があるほうを内側から安全ピンで留めます。

b0131366_23351070.jpg
袖付けのあたりは少し覗きますが、おとなしくしていれば見えません。
袂がちょっとつれるのですが、まぁ許容範囲です。
今回はこれで乗切ります。





[PR]
by uzuztama | 2017-03-22 12:32 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(0)
色無地コーデ
2017年 02月 28日
色無地の帯と小物の組み合わせを色々と考えてみました。
せっかくですので、画像を残しておきます。

b0131366_23424073.jpgb0131366_23445508.jpgb0131366_23451460.jpg
b0131366_23453541.jpgb0131366_23461270.jpgb0131366_23463497.jpg
b0131366_23465802.jpgb0131366_23471808.jpgb0131366_23474662.jpg
b0131366_23481530.jpgb0131366_23484645.jpgb0131366_23490623.jpg





[PR]
by uzuztama | 2017-02-28 23:41 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(0)
兎の帯留
2016年 11月 22日
b0131366_2263784.jpg

おそろでしょ?








[PR]
by uzuztama | 2016-11-22 02:27 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(2)
腰紐を引っ張る方向
2016年 03月 14日
この1年ほど「抜いたはずの衿がしばらくするともとに戻る」というのに悩まされていました。
すきあらば、すぐに、こまめに、「長襦袢を引っ張る&着物を引っ張る」というので凌いでいました。
長襦袢には衣紋抜きも付けてあるのになんで?と、ずっと悩んでいました。

が、先日解決しました。
長襦袢の腰紐の引っ張り方が甘かったのが原因でした。
b0131366_11335736.jpg

五十肩に悩まされるようになってから、衣紋抜きを通した腰ひもを引っ張る方向は「前」だったのです。
最近、肩の調子が良くなり(残念ながら全回復ではなく・・・でも以前よりはずっと楽です)、横に引っ張れるようになりました。
横に引っ張って着物を着た日は、衿が戻る量は微々たるものです。

腰紐の素材が綿だったからすべりがわるかったというのはあると思いますが、前方向にぎゅーとがんばって引っ張っるだけでは、引っ張り方が足りなかったのですね。










[PR]
by uzuztama | 2016-03-14 09:50 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(0)
縫紋を入れました
2015年 12月 24日
b0131366_183730.jpgb0131366_116864.jpg

シルックの鮫小紋に縫紋を入れました。
作った当時は気楽に着れるようにと紋は入れなかったのですが、
最近では、入っていたほうが何かと便利かもと思うようになりましたので・・・
最初、マツイ縫いでお願いしたところ、紋が目立たたないから日向縫いや陰スガ縫いはどうでしょうとの提案をいただいたのですが、気楽に着られる要素も残しておきたかったので、目立たないほうが良いのですとお話し、当初の希望通りマツイ縫いとなりました。
色はシルバーにしました。
仕上がりはそんなに埋没することもなく、「紋が入っている」とちゃんとわかります。
ちゃんとした染帯なら大丈夫でしょうが、自作の帯にはちょっと合わなくなったように思います。
でもまぁ、今度はこれで上等な袋帯を合わせても気後れしなくなりましたから、組み合わせの数は増減なしといったところでしょうか。
[PR]
by uzuztama | 2015-12-24 01:16 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(4)
色無地
2015年 04月 06日
b0131366_19335247.jpg
b0131366_1934193.jpg


色無地の染め替えが仕上がって届きました。
わくわくしながら開けてみると「あらまぁ綺麗♡」です。
思っていたのはピンクよりの色なのですが、実物はサーモンピンクよりでした。
そしてそして、もう少しグレーに近い色を思っていたのですが、想像以上に彩度の高い色でした。
四十路後半でこんな綺麗な色を新調して大丈夫かしらって感じです。
この色はとても好きな色ですが、年をとっても着られるのかちょっと心配・・・

しかし「どストライク」の色であることは確かなわけで、先のことは先で考えることにして、うきうきと纏おうと思います。

明日の入学式で着たかったのですが、お天気が今一つのようです。
入学式の行われる午前中のみ曇りの予報です。
せっかく間に合わせてくださったんだし、色無地羽織の裄直しも一緒に届いているし、雨コート持参で着ていこうかな、雨対策でシルックのほうが安全かなと悩む今日この頃です。
[PR]
by uzuztama | 2015-04-06 19:41 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(8)
色無地の染替
2015年 02月 06日
b0131366_9203864.jpgb0131366_920860.jpg

色無地の染替をすることにしました。
この着物を作ってもらったころは、「ピンク系の小紋がある、水色系の小紋もある、水色の色無地の振袖もある、それに単衣の色無地も水色、青磁が好きだけけれどは水色に近くて、水色は沢山持っている色だから違う色にしよう・・・」と考えて、持っていなかった(綺麗な色ではありますが、それほど大好きというわけでもない)淡い黄色に決めたのでした。
それぞれに用途が違うから、振袖や小紋で持っていても(ましてや単衣なら季節が違う!)、色無地を水色系にしても何ら問題はなかったはずなのですが、当時は「全部水色じゃつまんない、違う色にしておいたほうが良い」と思ってしまったのでした。
というわけで、色無地が必要なときには着たのですが、「この色好きだっけ?なんか似合わない気がする」と思っていました。

「変えようかな、このままで良いかな、いっそのことシルックで色無地?」という長い逡巡を経てようやく重い腰を上げ、色を替えることにしました。
今のところ初釜で着るか着ないかの一枚を新調するよりも、あるものを着ようと思ったのです。
色の候補は「櫻鼠」「鴇鼠」です。
ちょうど希望の色に近いポリ小紋を持っていましたので、それを見本に色を決めることにしました。

b0131366_1121753.jpg

そうして送ってもらった色見本の画像から、最終候補として残った2色がこの画像です。
上が見本で送った小紋、左手前が見本の小紋とほぼ同色でやや赤味がかった「櫻鼠」、右がやや濃い「no.5048」です。

b0131366_1153039.jpg

悩む・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このポリ小紋を着るたびに、「もうちょっとピンクよりだったら」とか「もうちょっと濃かったら」と思っていたのです。
まさしく希望の2色があったわけで、猛烈に悩んでいます。
染見本は塩瀬、染めてもらう生地は塩瀬よりは光沢がありますから、染め上がりはやや異なるとは思います。
明るい染め上がりになるのなら5048のほうかなとは思いつつ、淡い色は大好きですから櫻鼠も捨てがたいです。
あぁでもやっぱり、柄が無いわけですから5048の濃いめ(濃いとは言いつつ十分に薄い色だとは思いますが)のほうが綺麗かもしれません。
櫻鼠は、より薄いとはいうものの、赤味がある分、色見本のポリ小紋よりは色を感じるかもしれません。
悩みが尽きない今日この頃です。
[PR]
by uzuztama | 2015-02-06 11:54 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(8)
お正月の支度
2014年 12月 28日
b0131366_1955939.jpgb0131366_1955184.jpg

上の子がお正月に着物を着てみたい、とのことです。
こんどのお正月は、私は私の実家に行き、子ども達は主人の実家に行きますので別行動です。
姑に電話をし、かくかくしかじかで着物を着たいと言っていますので、なにとぞよろしくとお願いをし、帰省の荷物に着物を加えました。
上の子が選んだのは黒の枝垂桜小紋です。
帯は朱が可愛いだろうと私は思ったのですが、本人の選択は緑、こちらもぱきっとしていて素敵ですね。
淡い緑の絞りの帯揚に、先頃より大活躍のvivid帯締を合わせることにしました。

着るものは手持ちのもので揃えられたのですが、草履がありません。
若いころの草履は革に亀裂が入ってしまったので、処分していました。
お手頃でカワイイの・・・と探していたら、楽天でこちらの草履を見つけました。
刺繍の渦巻柄でなかなかおしゃれな鼻緒です。
台はウレタンではなくて、お値段なんと1142円です。
まぁそれなりにお安い作りなのですが、それでもお安いです。
流石、仙臺屋・・・



さてさて皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by uzuztama | 2014-12-28 20:04 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(4)
ファブリック帯を合わせる着物
2014年 10月 27日
ファブリック帯増産予定に際し、私の持っている着物は「はんなり系」とか「おくさま系」がメインだから、「合せる着物が少ないかも・・・」と少々とあせり、合わせやすい着物をピックアップしてみました。


b0131366_0475127.jpg市松小紋は全く問題なし

b0131366_0473332.jpgこれ自体がインテリアファブリックっぽい感じがしますから、薔薇小紋は大丈夫だと思います。

b0131366_1153039.jpg薔薇水玉も問題なし

b0131366_2124615.jpgこれも大丈夫

b0131366_11141142.jpg無地紬は最強

b0131366_1174873.jpgこれも最強

b0131366_0363062.jpgシルック鮫小紋も大丈夫

b0131366_1132565.jpg青磁の鮫小紋は残念ながら紋入りなのです。
同系色の糸での刺繍なので目立たないから、もしかしたら大丈夫かも。




というわけで、合せられる着物は、そこそこあることが判明しました。
「買わないとだめかしらん、英のちそう小紋が遠のく~」と嘆いていたのですが、まったくの杞憂でした。
えぇ、当分着物は買いませんとも。
お金がたまったら、英に行きます。
(固い決意)
[PR]
by uzuztama | 2014-10-27 10:29 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(9)
柄合わせが不満
2014年 03月 28日
先日、お値打ちで入手したシルック小紋が仕立て上がって届きました。
今回は奈良の仕立屋さんにお願いしました。
綺麗に仕立てくださったのですが、裾の柄の出方がちょっと気に入りません。

b0131366_1120154.jpgb0131366_1120715.jpg

上前のおくみと前身頃の柄が、分断されてしまっているのです。
和裁の本で確認したところ、反物の右端がおくみと身頃の継ぎ目に来ていて、セオリー通りの配置のようです。
これが正しいのでしょうし、小紋ですから柄が続かなくて当たり前なのですが、なんだか気になります。
私には、下前のほうがすっきりして見えます。

b0131366_11201338.jpgb0131366_11201925.jpg

左の画像が元のまま、右の画像がおくみを上下ひっくり返してみたものです。
反物の端が上前の端に来ています。
私としては右の画像のほうが好みなのですが、お直しを依頼するか、そのうち気にならなくなるかもしれないから、このままで我慢するか、もんもんとしております・・・
[PR]
by uzuztama | 2014-03-28 11:29 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(9)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
最新のコメント
◎香子さん 観に行かれ..
by uzuztama at 14:47
ワタシは明日参りまする。..
by 香子 at 18:31
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 10:28
いつもと少々違うイメージ..
by yamamotoyk at 21:41
◎香子さん ありがとう..
by uzuztama at 16:14
いいですねえ、このぐらい..
by 香子 at 10:16
◎うまこさん きらきら..
by uzuztama at 19:32
まあ、キレイですね☆ ..
by yamamotoyk at 21:35
◎ziziさん 私や姉..
by uzuztama at 10:32
皆様 御背が高いの、羨ま..
by zizi at 19:23
ライフログ
検索
タグ
(168)
(119)
(85)
(78)
(72)
(57)
(41)
(12)
(10)
(8)
(8)
(5)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
画像一覧