カテゴリ:お出かけ( 59 )
文楽
2015年 05月 22日
b0131366_13493772.jpgb0131366_13495488.jpg

襲名公演を観に国立劇場に行ってきました。
昼の部を狙っていたのですが、販売初日にはすでに完売で(口上がありますもの、人気なんですね)、夜の部を観に行きました。
学生の頃に観たきりで(竹本越路太夫だったような記憶が・・・)、かなり久しぶりです。
当時は浄瑠璃の良さというのがよくわからなかったのですが、今回は「なるほどこういうことか」と感心することしきりです。
とても楽しかったです。
次回は9月とのこと、是非とも観に行きたいものです。

にしても長右衛門って、人としてどうなんでしょう。
「カス」としか思えませんでした。



b0131366_1353735.jpgb0131366_13531982.jpgb0131366_13533389.jpg

観劇の後は飲み会です。
都内で遅くまで飲むのは久しぶりなので、ロマンスカーの切符を用意しての参戦です。
(酔っぱらって混んだ電車で立っているのは苦痛ですし、お開きの時間がはっきりしますし・・・)
お酒もお料理も美味しく、楽しい一日でした。

あれっ、青いロマンスカーって千代田線乗り入れじゃなかったっけ?
新宿から乗ったんですけど・・・
[PR]
by uzuztama | 2015-05-22 13:27 | お出かけ | Comments(0)
わーと日本橋
2015年 05月 03日
b0131366_1721387.jpgb0131366_17211481.jpgb0131366_17212418.jpg

b0131366_17213353.jpgb0131366_17214341.jpgb0131366_1721521.jpg

チケットを貰ったので、ちょっと行ってきました。
いろいろなおきものこーでが見られて楽しかったです。
京都丸紅の振袖(下段右)が、お値段が手頃でなおかつ可愛らしく良かったです。
上の子用に既に2枚もあるのでなければ(私のお古ではありますが)、購入に走りそうになりました。
[PR]
by uzuztama | 2015-05-03 23:11 | お出かけ | Comments(0)
南座顔見世・南禅寺界隈
2014年 12月 13日
b0131366_1746386.jpgb0131366_17464590.jpg

b0131366_17465141.jpgb0131366_174714.jpg

先週末は南座顔見世でした。
夜の部を観に行ってきました。
いずれも素敵なのですが、「爪王」が超素敵です。
今年も、存分に楽しんでまいりました。
今年の番附には舞台の廃材のしおりが付いています。
ちょっと反っていて、本に挟むとぱりんと割れそうなのが難点です。

b0131366_1881193.jpgb0131366_1881932.jpg

b0131366_188437.jpgb0131366_1882716.jpg

b0131366_188409.jpgb0131366_188501.jpg

翌日の京都散策は瓢亭の鶉粥からスタートです。
瓢亭は夜に食べに行くには予算が厳しいですが、朝粥ならハードルが低いです。
瓢亭たまごもいただきました。
噂にたがわぬ美味しさでした。

近くまで来たのですから、食後は南禅寺界隈を歩きました。
水路閣の上にも登ってみました。
こちらは手すりがないのですね。
端のほうに立つのはなかなか緊張感がありました。

その後は街中に出て、例年のごとく四条界隈をぶらぶらとしていろいろと散財してきました。
散財のご報告は後日・・・
[PR]
by uzuztama | 2014-12-13 18:23 | お出かけ | Comments(2)
江戸の衣装競べ
2014年 10月 25日
b0131366_2144253.jpgb0131366_21443518.jpg

「江戸の衣装競べ」に行ってきました。
綺麗な小袖が展示されていました。
染めのもの、染め+刺繍のもの、いずれも素敵です。
あぁこれで帯が作れたらと、妄想を抱きながら見てきました。
(着る勇気はないの)
それにしても昔の人は小柄ですね。
ぱっと見、十三参りのサイズのように感じます。
簪、筥迫、紙挟み、屏風等も展示されていました。
筥迫の厚みにびっくりです。
分厚い文庫本のようです。
(罪と罰とか?)

<ギャラリートークの覚書>
・野村コレクション-美術商の野村正治郎氏のコレクション
・野村証券や野村美術館とは無関係の人
・娘さんが日系アメリカ人と結婚し、コレクションは戦後アメリカに渡り、メトロポリタン美術館等に収められたが、国立歴史民俗博物館の設立に際し、日本にもどった。
・小袖-袖口が小さいもの(武家・町民の衣装 袖丈は関係なし) 
・大袖-袖口が大きいもの(公家の衣装 十二単)
・江戸初期(17C)の小袖-寛文小袖と呼ばれる、左腰・左裾に余白のある柄付け。左袖・左肩→右肩・右袖→右腰→裾に連なる柄。染(絞染)+刺繍の技法が用いられる。刺繍で柄を描く。
・江戸中期(18C)に入り、武家と町人とで違いが生じてくる。
・友禅の技法を先に取り入れたのは町人
・武家は知識・教養を問われる柄を好んだ(和歌にちなんだ柄とか)
・町人の小袖には遊び心のある柄
・江戸後期(19C)、武家の小袖に御所解き模様が好まれる。武家は細かい柄を好む。
(これがまた、ぎをん齋藤っぽいのです)
・公家が小袖を着るようになったのは江戸後期で、武家好みの細かい柄ではなく、やや大きい柄。
・帯幅が広がるにつれ、身八口ができ、小袖の柄も上下に分断されるようになる。
・雪輪文様は以前からあるが、顕微鏡が日本に入ってきてからは、雪の結晶柄の刺繍が見られるようになる。
(これについてはちょっと疑問。私はスキー場で雪の結晶を肉眼で何度も見ています。顕微鏡が無くても見られるはずです。雪国出身で着物を作る仕事に就いた人が皆無だとは思えないのです)

色々と勉強になりました。



b0131366_13463256.jpg

「京名所模様小袖」 江戸時代中期 18世紀 国立歴史民俗博物館蔵 (後期展示)
友禅+刺繍の小袖の優品、町人の小袖。八坂神社・音羽の滝・地主神社・五条大橋・五重の等が描かれている。
[PR]
by uzuztama | 2014-10-25 21:49 | お出かけ | Comments(2)
柴又と押上
2014年 09月 29日
b0131366_1446392.jpgb0131366_1572642.jpg

b0131366_1573999.jpgb0131366_1454782.jpg

未踏の地であった柴又へ行ってきました。
帝釈天、山本亭、寅さん記念館、矢切の渡しを見(見ただけ、船には乗っていません)、江戸川堤防をぶらぶらとした後は押上に移動しました。



b0131366_14462289.jpg向かった先は、こちらも未踏の地、今までは遠くから見るだけだったスカイツリーです。
間近で見たのは、今回が初めてです。
白くてしゅっとして綺麗です。
下から見上げると、上のほうはちょっとUFOっぽいです。
喫茶店の星座占いみたいな感じもします。

この時既に17:00過ぎで、配られていた整理券は18:30のものでした。
整理券は、18:30からチケットを買う列に並べますよ、という内容のものです。
上まで登るかどうかはひとまず保留にして、先に夕食を取ることにしました。

b0131366_14462928.jpg夕食後、18:00過ぎにチケット購入行列の様子を見に行ったのですが、相変わらずの盛況ぶりでした。
18:30に中に入ってもさらに小一時間はかかりそうです。
今回はあきらめることにしました。

b0131366_14463595.jpg

b0131366_14464251.jpg




夜まで待ったおかげで、ライトアップされたスカイツリーも見られたので良しとしましょう。
上のほうは更にUFO感を増しています。
東京名所をこれで2つ制覇できました(一応)。








[PR]
by uzuztama | 2014-09-29 15:15 | お出かけ | Comments(2)
あなゆき
2014年 04月 30日
b0131366_0154851.jpg

月曜日に数時間どこかで暇をつぶさないといけない状況になり、かねてより観てみたいと思っていたし、お安い日だったので行ってきました。
評判通り、かなり良かったです(エンディング以外)。
最近のお姫様アニメ(ラプンツェルとかメリダとか)の中では、一番好きです。
ヒロインお2人の声がこれまた素敵、ホントお上手。
いやいやなかなか、観てよかったと思える映画でした。

ところで・・・
いつの間にかレディスデイってなくなっていたんですね。



※補足(2014/5/2)
レディスデイが無くなったのは、「イオンシネマ」です。
(すべての映画館から無くなったわけではありません)
それに、サービス対象の性別が撤廃されて曜日が変わっただけです。
以前は水曜日がレディスデイでお安かったのですが、現在は月曜日が性別に関係なく1100円です。
お安く見る方法は残っていますのでご安心ください。







おまけ、最近のお気に入り "freefall"

b0131366_11132671.png

[PR]
by uzuztama | 2014-04-30 23:59 | お出かけ | Comments(6)
鳳凰祭三月大歌舞伎
2014年 03月 07日
歌舞伎座に行ってきました。
鳳凰祭三月大歌舞伎です。

「壽曽我対面」
なんだか皆さん元気がないような気がしたのですが、気のせいかもしれません。
「身替座禅」
奥方玉の井、お脚がお悪いようで、立ったり座ったりがおつらそうでした。
侍女千枝、小万よりこちらのほうがぴったりです、しっくりきます。
「封印切」
こちらでも槌屋治右衛門のお脚がお悪いようで、立て膝座りでした。
おえんさん大好きです。
「二人藤娘」
ただただ艶やか華やか、2人とも綺麗過ぎます。
舞台も藤の花がいっぱいで、負けじと華やかです。
前回はそれほど感じなかったのですが、歌舞伎座の舞台ってわりと横長?
端から端までの移動が、なんだか大変そうでした。


観終わった後は、一度行ってみたかった5Fへと向かいました。

b0131366_11532787.jpgb0131366_11533444.jpg

喫茶があり、そちらでお茶をしましょうということになりました。
内装に竹をふんだんに使ったお店です。
お煎茶のお店でしたのに、何故だかいただいたのはシャンパンです。
思いの外美味しく、これからはこれを観劇後の定番コースにしましょう、ということになりました。



b0131366_11532062.jpgb0131366_11531247.jpg

新旧の屋根瓦もちゃんと見てきました。
[PR]
by uzuztama | 2014-03-07 13:35 | お出かけ | Comments(4)
新春浅草歌舞伎
2014年 01月 08日
b0131366_1632585.jpgb0131366_1633658.jpg

b0131366_16331853.jpgb0131366_16332637.jpg

歌舞伎初めです。
子ども達(中3・小5)が歌舞伎を観てみたいと言うので、皆で第2部を観に行ってきました。
彼等は金融庁を楽しみにしていたのですが、世話物であったため今一つ盛り上がりに欠けたようで、お昼寝タイムになってしまいました。
屋敷娘・石橋は舞踊ですから、こちらも退屈がるかと危ぶんでいたのですが杞憂でした。
屋敷娘は早変りもあり華やかで、石橋はひたすら元気よくで、楽しんでくれたようです。
下の子にどれが一番おもしろかったか聞いてみたところ、「博打十王」とのことでした。
(私も・・・)
面白い話ですし、「鬼灯の冷徹」(漫画がたくさんうちにあります)でよく知っているところが舞台ですので、なじみやすかったのもあるようです。
子ども達の初歌舞伎の感想は「面白かった」とのことで、連れて行った私はほっとした次第です。
「つまんな~い」なんて言われたら、心が折れてしまいますものね。


来週はお友達と第1部を観に行ってきます。
[PR]
by uzuztama | 2014-01-08 12:37 | お出かけ | Comments(4)
京の冬の旅 2013
2013年 12月 04日
29日のお席の後、夕刻の新幹線に乗って大阪の友人宅に向かいました。
毎年恒例の京の冬の旅です。

b0131366_1519272.jpgb0131366_15193534.jpg
b0131366_15194140.jpgb0131366_15194820.jpg
b0131366_15195534.jpgb0131366_152481.jpg
30日は友人と京都散策の日でした。
散策と言っても私達の散策エリアは四条界隈でして、通常ですと御池・四条・烏丸・河原町の通りで囲まれたエリア内しか動きません。
ぶらぶらして・食べて・ぶらぶらして・お店をひやかして・ぶらぶらして・買って・お茶して・ぶらぶらして・・・の無限ループです。
今回は御池より北のお店に行きたかったので、北限がやや拡大しました。
昼食は俵屋プロデュースの点邑です。
美味しいてんぷらをいただきました。
(てんぷらの画像はいまいちだったので・・・画像は前菜です)
それから色々なお店をひやかし、買い物をし、お茶をしたのは島津製作所の旧本社ビルをリノベーションしたフォーチュンガーデン京都です。
中庭や建物内のほかの場所を見られるかなと淡く期待していたのですが、結婚式が多い日で無理とのこと、ちょっと残念でした。
それからもう少しぶらぶらして帰阪しました。


b0131366_1521424.jpgb0131366_15201952.jpg
翌12月1日は南座顔見世の日です。
たっぷりと歌舞伎を楽しんでまいりました。
今回はいつもの2等A席が取れず、1等席でした。
浅草歌舞伎ですと、割と前のほうの席で観ているのですが、南座で前の席は久々です。
迫力満点、堪能できました。
観劇後はレストラン菊水でお茶です。
プリンアラモード(850円)は、なかなか美味でした。



b0131366_1724570.jpgb0131366_172591.jpg
b0131366_2323218.jpgb0131366_2323129.jpg
b0131366_173683.jpgb0131366_1731873.jpg
b0131366_2326334.jpgb0131366_2324061.jpg
戦利品の数々です。
お土産用にぎぼしの吹き寄せと揚昆布と京ばあむ、一保堂のお抹茶と黒七味、最近茶箱の道具を集めているのでそれようのお茶碗2つ、k.kajuとノムラテーラーのウールのタータンチェックです。

b0131366_1732879.jpgb0131366_1733828.jpg
そして真打、井澤屋の帯締の数々です(いずれも撚房)。
歳末赤札市で半額だったのです。
白に赤の撚房の帯締が欲しいと思いお店に行ったら、なんと店内はほぼ半額(高級帯揚などは3割引きでした)、ちょっと舞い上がって沢山買ってしまいました。
だって、井澤屋の赤札市なんて行きたいと思っても、まずタイミングが合うことがないんですもの・・・
来年の12月まで、帯締はもう買わないようにします。











[PR]
by uzuztama | 2013-12-04 09:00 | お出かけ | Comments(8)
国立科学博物館
2013年 08月 22日
子どもたちと上野の科学博物館に行ってきました。
特別展の「深海」も見たかったのですが、入場待ちの長い列があり、まずは常設展を見て、そのあとで余力があればということにしました。

b0131366_8442587.jpgb0131366_8443742.jpg

b0131366_8444692.jpgb0131366_8445683.jpg

b0131366_1247237.jpgb0131366_12471351.jpg

b0131366_845426.jpgb0131366_8451488.jpg

興味深い展示が沢山、体験コーナーも沢山で、時間が足りません。
お昼前に着いたのですが、館内で昼食・休憩も取りつつ、17:00の閉館までに地球館・日本館をまわるのが精一杯で、特別展まではたどりつけませんでした。
全部を堪能したいのなら、開館と同時に入るほうがよさそうです。

下の子が万歩計を持っていたのですが、家を出てから帰るまでの歩数は10000ちょいだったそうです。
ということは私もそれだけ歩いたということで、家に帰って足袋を脱ぐと鼻緒ずれができていました。
[PR]
by uzuztama | 2013-08-22 09:35 | お出かけ | Comments(0)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
最新のコメント
◎香子さん 観に行かれ..
by uzuztama at 14:47
ワタシは明日参りまする。..
by 香子 at 18:31
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 10:28
いつもと少々違うイメージ..
by yamamotoyk at 21:41
◎香子さん ありがとう..
by uzuztama at 16:14
いいですねえ、このぐらい..
by 香子 at 10:16
◎うまこさん きらきら..
by uzuztama at 19:32
まあ、キレイですね☆ ..
by yamamotoyk at 21:35
◎ziziさん 私や姉..
by uzuztama at 10:32
皆様 御背が高いの、羨ま..
by zizi at 19:23
ライフログ
検索
タグ
(168)
(119)
(85)
(78)
(72)
(57)
(41)
(12)
(10)
(8)
(8)
(5)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
画像一覧