<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
附下に合わせる小物に悩む
2009年 11月 29日
先日の結婚式の際、小物は白にしたのですが、これが正解だったのかどうか微妙です。

諸々調べてみたのですが、慶事に出席の場合、既婚女性の装いは・・・

親族(礼装・準礼装)
・黒留袖-帯揚・帯締は白
・色留袖-帯揚・帯締は白 襲が無い場合は白の伊達襟
・訪問着-帯揚・帯締は白 (親等が離れている場合は略礼装でも可)

客(礼装・略礼装)
・色留袖-帯揚・帯締は白 襲が無い場合は白の伊達襟
・訪問着(紋付)
・附下(紋付)
・色無地(紋付)

ケースバイケースでしょうが、概ね上記のポイントを抑えておけば、まず間違いは無いという感じでした。

今回調べた諸々から考察するところ、本来白の小物というのは留袖に合わせるものであり、親族が留袖以外を着用する場合、より改まった装い(礼を尽くした装い)に見せるために、小物を白にするようです。
(ここで更に白の伊達襟をしてしまうと、白の伊達襟は白の襲の省略形であるため、留袖用のものを留袖以外に使用することになり、おかしなことになるそうです)
一方招待された側は華やかな装いにすることが肝要で、この場合、訪問着に合わせる小物は色物が正解のようです。

つまり、私が白の小物を合わせたのは、間違いだったのではないかと思うのです。
親族であれば白で正解ですが、親族ではなく客として招かれているので、色のついた小物のほうがふさわしかったのではないかと・・・
以前にデパートか呉服屋さんだかで相談した際に、「白にしておけば大丈夫」みたいなことを言われたのですが、訪問着の場合、親族なら白、客なら色がふさわしいのだと思います。
訪問着に白の小物を合わせれば、「格が上がる」等の記述も見かけましたが、着物に合わせる小物によって着物の「格が上がる」というようなことはなく、より礼を尽くした装いになるということだと思います。

でもって、黒い骨の祝儀用末廣も問題ありだと判明しました。
本来は、黒留袖用のものであり、色留袖・訪問着・色無地の場合は白い骨のものが正解だそうです。
ただ、これに関しては諸説あるようで、黒い骨は黒留袖だけという説と、最近ではそこらへんの境目が緩くなってきていて、黒留袖以外に持っても大丈夫という説もあります。

とまぁ、着終わってから調べて「ありゃぁやっちゃった」ということがわかったのですが、まさしく後の祭りです。
ま、招待客の着物の小物までまじまじと見ている人は多分いないだろうし、比較的詳しい人にしかわからないオーダーのミスだろうし、気にしているのは本人だけだと思いますので・・・

この次があれば、色物の小物で列席しようと思います。
末廣は、白い骨のも買っておこうかなぁ・・・
[PR]
by uzuztama | 2009-11-29 13:18 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(3)
11/21の着物
2009年 11月 22日
b0131366_1232177.jpgb0131366_1232973.jpg
b0131366_12321878.jpgb0131366_12322745.jpg
b0131366_15133712.jpgb0131366_12325129.jpg

藤色がかった淡いグレーの一つ紋の附け下げを着ました。
帯は金地の袋帯、白の絞りの帯揚に白の帯締、白・金の刺繍の半襟、もちろん金銀の末廣も帯に差しました。
臙脂の色無地長羽織には、刺繍紋が入っています。
(色無地紋付長羽織の仕立てにまつわる諸々はこちら、全体像はこちら



このいでたちで向かう先といえば・・・
b0131366_12325945.jpg

もちろん、結婚式です。
ダンナの後輩(新郎新婦とも)の結婚式に家族そろって招待されました。
座席表には「○○様令夫人uzuz様」とあり、「うひゃぁ~令夫人!」と吹いてしまいました。
素敵な披露宴で、終始和やかに、賑やかに、子供たちも綺麗なお嫁さんにうっとり、美味しい料理に大満足でした。

披露宴がお開きになった後、ご親戚のどなたかが「いやぁ良いお式だったね!」と言っておいででして、「そうねぇ良いお式だったわねぇ~」と私も心の中で相槌を打っていたのですが・・・



やっぱ良くないお式っていうのもあるんでしょうか?
[PR]
by uzuztama | 2009-11-22 12:58 | 着物を着た日 | Comments(10)
11/18の着物
2009年 11月 20日
b0131366_23385759.jpgb0131366_2339677.jpg

もう限界だろうと思いつつ、もしかしたらまだいけるかも?の一縷の望みを捨てきれず・・・
やっぱりダメでした。
どっから見ても若い娘さんの着物でした。
そりゃぁねぇ、20年近く前にあつらえた着物ですもの、ダメに決まってますよね。
羽織で隠して、かろうじて、なんとかokかもしれません。

b0131366_23392240.jpgb0131366_2339301.jpg

帯は臙脂の葵と松の柄の袋帯、帯揚は臙脂の絞り、帯絞はくすんだ水色にしました。


この小紋、上の子が着られるように、このままにしておこうかとも思いましたが、必ず着る(着倒してくれる)という保障はないんですよね。
私が持っている着物を、いずれ子どもが着てくれたらとは思うものの、振袖や付け下げ、色無地なんかは、何かの折に着る可能性は多分にありますが、普段着の小紋になってくると、好きじゃないと着ないだろうし・・・着る機会もそうそう無いだろうし・・・
悉皆屋さんにお願いして、おとなしい感じにしてみようかと画策中です。

b0131366_2340229.jpg

赤い桐の葉だけを落ち着いた色に変えるのが、私としてはベストなのですが、それだとかなりお高くなる予感がします。
全体に色を掛ける方法だと、比較的お安く出来るらしいので、そちらの方法を採ろうと思います。
早速、シミュレーションです。

b0131366_2340183.jpgb0131366_23403039.jpg
b0131366_2350483.jpgb0131366_23405072.jpg

b0131366_1245070.jpgb0131366_125063.jpg
大体、こんな感じでというイメージは出来たのですが(上段右や下段左が希望に近いイメージ)、
b0131366_12131117.jpgb0131366_12103015.jpg

問題は悉皆屋さん探しです。
うちの近辺にも「悉皆・染物」の看板を上げているお店はちらほらとあるのですが、それらのお店を利用したことも無く、ちゃんと私のわがままに応じてくれるお店かどうかもわかりません。
ネットで探してみたところ、実例を色々と載せておいでで、それぞれのケースの費用も記載、料金表も比較的明確、出張サービス(出向いてきてくれて悉皆の相談・商談が成立しなかった場合は数千円の出張料が必要)もあり、という大正9年創業のお店を一軒見つけたのですが・・・
とりあえず、近所のお店に着物を持参して、費用諸々相談をしてみて、いまいちの印象だったらネットで見つけたお店に相談でしょうか?
いずれにせよ、お試しでお願いしてみる着物も無く、いきなり本番はつらいですねぇ・・
(なにせ、ちそうですもの・・・)
[PR]
by uzuztama | 2009-11-20 23:45 | 着物を着た日 | Comments(8)
11/11の着物
2009年 11月 11日
b0131366_2181242.jpgb0131366_2182097.jpg
b0131366_218292.jpgb0131366_2183788.jpg
雨が強かったのと、ゆっくり着物を考えている時間がなかったのとで、前日と同じになりました。
帯をB面に変えて(こちらの面もechinoです)、肌寒かったので羽織を着用、この2点以外は前日と全く同じ手抜きコーデです。

11/11のお稽古:濃茶(&炉開きの茶事の真似事)
[PR]
by uzuztama | 2009-11-11 21:07 | 着物を着た日 | Comments(6)
11/10の着物
2009年 11月 10日
b0131366_2124615.jpg歌舞伎座に忠臣蔵(昼の部)を観に行って来ました。
一緒に行く友人は着物ではないので、あまり気張りすぎるのもなぁ・・・と、気楽な感じにしたかったので、風香のポリ小紋にechinoの自作両面なごや帯にしました。
帯揚は紫がかった淡いピンクの絞り、帯締は先日長さを直したばかりの濃いチェリーピンクです。
使いやすい長さになって、快適です。

b0131366_213389.jpgb0131366_213117.jpg



さてさて、歌舞伎のほうはと申しますと・・・

◇大序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
富十郎がお上手!嫌味なエロじじいで素敵です。
衣装を見てちょっと疑問、普通テレビなんかで時代劇を見ると、浅野内匠頭は水色の大紋だったように記憶しているのですが・・・
でも、勘三郎は淡い黄色の大紋で、饗応役の相方の梅玉が水色の大紋なんです。
時代劇のほうが歌舞伎の衣装諸々を参考にしていると思うのですが、なんででしょう?

◇三段目 足利館門前進物の場・松の間刃傷の場
これまた富十郎が、嫌なじじいで・・・堪能いたしました。
富十郎、好きです。

◇四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場・表門城明渡しの場
仁左衛門登場、幸四郎も出てきます。
舞台で見ると、幸四郎と吉右衛門ってよく似ていますねぇ
声だけ聴いていると、今日はどっちの人やったかな?と思うことが時々あります。
(私が鈍いだけ?)

◇浄瑠璃 道行旅路の花聟
時蔵と菊五郎のおかる・勘平の駆け落ち場面、時蔵が綺麗です。
ところで、私、浅黄幕がぱさっと落とされるのが大好きです。
幕が落とされ、ぱぁっと明るい舞台が広がる瞬間、良いですねぇ~


と、そんなこんなで久々の歌舞伎鑑賞、堪能してまいりました。
[PR]
by uzuztama | 2009-11-10 21:01 | 着物を着た日 | Comments(5)
短い帯締を長くする
2009年 11月 09日
b0131366_22163857.jpg先日締めた帯締です。
濃いチェリーピンクに白のアクセントで、なかなか気に入っています。
この帯締、デッドストックもので6本セットで1500円という一本当たりの単価はかなりお安いものです。といっても、欲しかったのはこの帯締だけですから、1本1500円とも言えなくはないのですが・・・

b0131366_22164838.jpg色はとても気に入っているのですが、如何せんデッドストックものですから、短いのです。メタボ街道まっしぐらで、日々ウエストが成長している私には、ちと厳しいです。先日締めたのですが、房が前のほうに来てしまい、やっぱりカッコ悪いなぁと・・・というわけで、長くなるように改造してみようと思います。
まず、真ん中でまっぷたつに切り、

b0131366_22165719.jpgセットに入っていた帯締のうち、これは絶対に使わないだろうというのを15cm位に切って、継ぎ足します。
ミシンで、ガンガンに縫います。
帯締はぎゅうと引っ張りますから、これでもかというくらい縫います。

b0131366_2217451.jpg継ぎ足した部分を、同色の布でくるんでかがります。

b0131366_22171255.jpgこれで完成です。
普通の帯締と同じくらいの長さになりました。
まだ使ってみてはいないので、強度は不明ですが、あれだけミシンで縫ってあるので、大丈夫だと思います。
多分・・・


[PR]
by uzuztama | 2009-11-09 22:33 | 直す | Comments(10)
11/4の着物
2009年 11月 06日
b0131366_22295262.jpgb0131366_2230035.jpg

紫の紬を着ました。
この着物、自分のお金で誂えた「紬の着物の第一号」です。
ホント、良い色~
三越のお買い得反物のところに並んでいたのに一目ぼれです。
こちらの紬は、前回の緑の紬に比べるとしっとりすべすべです。
やはり、緑の紬は湯のしからやりなおしたほうが良いのかも・・・という気持ちがむくむくとわいてきました。

羽織は、淡いピンクの絞りのもの、柄にある紫色が着物の色とシンクロしています。

b0131366_223082.jpgb0131366_22301754.jpg

帯は、お初です。
ベージュ地に菊唐草の染めの帯です。
ヤフオクで見かけて、ど~しても欲しくて、落札してしまいました。
先週の土曜日に届いたところです。
もぅ嬉しくて、使いたくてたまらず、早々に締めてみました。
新古品に近いものらしく、特に気になる染みも汚れも無く、締めた後も無しです。
大満足の落札でした。

b0131366_22302779.jpgb0131366_22303644.jpg

帯揚はゑり萬の胡桃色、帯締は臙脂とチェリーピンクがかった赤紫で悩み、赤紫に軍配があがりました。
今回の帯締選びは自信満々です。

と、大満足のコーデで意気揚々とお茶の先生のお宅に向かったのですが・・・
御留守でした。
日を間違えたのかしら?とすごすごと家に戻ると、先生からお詫びの電話がありました。
先生が日を間違えていらしたそうです。

来週もこれを着ようかしら?違うのにしようかしら?と悩む今日この頃です。
[PR]
by uzuztama | 2009-11-06 22:48 | 着物を着た日 | Comments(4)
10/28の着物
2009年 11月 04日
b0131366_1524820.jpg淡い緑の紬を着ました。
この紅花紬、色違いを持っているのですが、もう一枚とは着心地が全然違います。
なんとなくごわごわしている感じがします。
多分、湯のしがいい加減だったのでは・・・と睨んでいます。
この前、部分水洗い+丸洗いというのに出したので、もしかしたら着やすくなっているのでは、と期待していたのですが、いまいちのままでした。
やはり、洗い張り+仕立て直ししか手が無いのでしょうか・・・

b0131366_153945.jpg帯は、栗山工房で染め体験をした後に色々と見せてもらい、一目ぼれしてどうしても諦めきれなかった孔雀の帯です。
この着物に合うだろうなぁと想定して買った帯ですもの、もぅどんぴしゃで合ってくれます。

b0131366_138315.jpgb0131366_1381271.jpg

b0131366_1382382.jpgb0131366_1383192.jpg

帯揚は、ゑり萬の渋い緑で決まりで、帯締は色々とあてて遊んでみました。
白が一番合うのは分かっているのです。
が、ちょっといつもとは変えてみたい・・・と、何本か合わせてみたところで、チェリーピンクはきつすぎ、水色は埋没する、というこで新橋色に決めました。
いざ締めてみると、なんだかちょっと違う気も?

10/28のお稽古:茶通箱
[PR]
by uzuztama | 2009-11-04 01:53 | 着物を着た日 | Comments(3)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新のコメント
◎ziziさん えぇ堪..
by uzuz at 09:23
お姫様のような一日。 ..
by zizi at 19:51
◎香子さん へへっ、目..
by uzuz at 13:10
ああ、おいしそう! 夜..
by 香子 at 22:46
◎ziziさん えぇ液..
by uzuztama at 14:46
◎ziziさん 今のと..
by uzuztama at 14:43
お寿司も美味しそうですが..
by zizi at 16:40
uzuz様は器用だから ..
by zizi at 16:36
◎うまこさん えぇ、可..
by uzuztama at 13:18
ステキな色見本ですね! ..
by yamamotoyk at 22:55
ライフログ
検索
タグ
(170)
(123)
(86)
(79)
(72)
(59)
(39)
(13)
(10)
(10)
(8)
(5)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
画像一覧