<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2/24の着物
2010年 02月 25日
b0131366_1626527.jpg

私的には2月を過ぎると着る気がしなくなる、梅柄の小紋を着ました。

b0131366_16261520.jpg

最初は紺・紅・グレー・黄土色の染帯を合わせようと思ったのですが、どうも気乗りがしません。
この帯、嫌いではないのですが、濃い色は何となく苦手ですねぇ・・・
なんで買ってしまったんでしょう・・・

b0131366_16262683.jpgb0131366_16263366.jpg

ということで、橘つながりで水色の染帯にしました(橘に橘で野暮かなぁと思いつつ・・・)
藍を薄くしたような着物の水色と、青磁系の帯の水色が合わないかなぁと思いながらも置いてみたら、まぁ行けそうです。

b0131366_16264233.jpgb0131366_16265257.jpg

小物もかなり悩みまして、白の帯締にするか、違う色を持ってくるかでさんざん悩んで、白の冠に決め、締め終わったところで、

b0131366_1627017.jpg

この帯締のことを思い出し、これに決めました。
帯の柄の色とちかいので、違和感なくおさまってくれました。

b0131366_1627965.jpgb0131366_16272571.jpg

さてこの帯、栗山工房で染体験に挑んだ成果の帯ですが、何箇所か失敗しています。
その中で最も顕著なのが、この大きい橘です。
黄色の橘で失敗しました。
中央の暈しの赤はもっと小さいくないといけないのです。
この橘で失敗して勇気がなくなり、赤の橘は工房の方にお願いしました。
見比べると差が歴然としていますねぇ・・・
黄色の橘は前に来るのですが、こちら側を出して締めたことはまだありません。
いつの日にか、心の傷が癒えたら、こちらを前に出して締めるかもしれません・・・
[PR]
by uzuztama | 2010-02-25 16:38 | 着物を着た日 | Comments(6)
2/10の着物
2010年 02月 15日
b0131366_19294593.jpg

日付が前後しますが、先週の水曜日はお稽古でしたので、着物を着ました。
天気予報は雨でしたので、ポリ着物です。

b0131366_19301055.jpgb0131366_19301854.jpg

七宝にカタバミの柄の水色の小紋に、博多織の八寸帯を締めました。
この帯、レースのような模様、チェリーピンクに水色に黄緑と、ツボ満載のお気に入りの帯です。
藤色の絞りの帯揚に、亀甲(?)模様の帯締にしました。

この日のお稽古:逆勝手
[PR]
by uzuztama | 2010-02-15 19:31 | 着物を着た日 | Comments(7)
樹氷
2010年 02月 11日
蓼科に来ています。スキーをしようとやってきたのですが、雨のせいで滑れません。

が、樹氷が見られました。昨日はとても暖かだったそうで、今日は気温が零下でしかも雨、見事な樹氷となったそうです。遠目には桜のょうで、とても綺麗でした。

b0131366_185168.jpg




<追記>11日は雨でしたが、12・13日はちゃんと滑れました。
(でも、曇天・ガス・雪でした)
前日の透明な樹氷とは異なり、この日は白い樹氷でした。

b0131366_19211270.jpgb0131366_19212199.jpg


[PR]
by uzuztama | 2010-02-11 17:32 | お出かけ | Comments(6)
まねごとの経過報告
2010年 02月 08日
まねごとのほうは亀の歩みながら、なんとか進んでいます。
b0131366_10391692.jpg
   ↓
b0131366_10422637.jpg
b0131366_10255682.jpgb0131366_1026423.jpg

全面的に刺したわけではないのですが、格段に違います。
もともと良い感じの柄だったのですが、刺したおかげでさらに際立って見えます(自画自賛)。
色々と横着な事をしているので、糸が浮いていたり、相良縫いの大きさがそろっていなかったりするのですが、良いんです、気にしません。
1mも離れれば分かりませんもの・・・

予定通り、先週一週間で前帯の分の刺繍が済みました。
今週・来週位で、お太鼓の分を済ませることが出来れば、嫌になってしまう前に全てが終わってくれるはずです。
でも、それから仕立てですから、やっぱり締めれるのは来年ですね。

b0131366_10261428.jpgやはり丸い枠では小さいです。
白い梅を仕上げて、赤い梅を刺すときはこんな感じで当て布をして、枠をずらしました。
赤い梅を刺し終わり枠を外してみると・・・白い梅の駒掛けの糸にずれが・・・
大きい枠の調達の算段をしたほうがよさそうです。
[PR]
by uzuztama | 2010-02-08 10:36 | お針 | Comments(4)
日本刺繍のまねごと
2010年 02月 03日
b0131366_114630100.jpg

日本刺繍の本を買いました。
右手前の「日本刺繍の美しい図案」です。
これをつらつらと眺めていて、やっぱりちょっとやってみたいなぁと、図書館に行きさらに3冊借りてきました。
そのうちの左手前の本「和の刺しゅう」を読むと、普通の刺繍糸(フランス刺繍用)でも大丈夫というような事が書いてあります。
後半には絹糸での刺繍について書かれているのですが、まぁとっかかりはどんな糸でも良いでしょうという感じのようです。
「日本刺繍の美しい図案」には、図案を写して刺繍をしなくても、布の柄を生かして刺繍をする方法もある、と書いてありました。

b0131366_11463959.jpgそれならちょうど良い布があります。
帯にしようと思い入手した端切れです。

b0131366_1146476.jpg木綿の刺繍糸なら沢山持っていますし、金糸銀糸の代わりになるものならこれがあります。
金色銀色のミシン糸です。

b0131366_11465718.jpg「和の刺しゅう」には机に固定出来る丸い刺繍枠が載っていましたが、そんなものは持っていないので、辞書を重しにして刺繍枠を動かないようにします。

b0131366_1147616.jpg梅の花の周りを銀糸で駒掛けし、

b0131366_11471564.jpg花芯の線の部分も駒掛けしようかと思いましたが、沢山あってめげてしまいそうなのでランニングステッチ(もやは日本刺繍ではないですね・・・)、点々の部分は山吹色で相良縫いをしようと思います。





まずは練習と、隅っこにある梅に刺繍を始めたところですが、駒掛けで縁取りをするだけで柄が引き立ちます。
刺繍の威力ってすごいですねぇ~
梅の柄なので2月中には仕上げて締めたいとは思うのですが・・・
来年かなぁ・・・

日本刺繍の本を見ながら刺してはいますが、今回は駒掛けと相良縫いだけの、かなりの「なんちゃって日本刺繍」です。
いやいや、やっているのはただの刺繍、「日本」を付けるのはおこがましいですね。
縫い切りとか割縫い(のようなもの)はこの次の機会に・・・
(でもこれがまた、サテンステッチと何が違うのか分からないでいます)


今のところ、本格的な日本刺繍をするつもりはなく(いらちなので、根気のいる作業は苦手です)、大作に挑むつもりもないので、日本刺繍用の枠を購入する予定はないのですが、角材を買ってきて錐で穴を開けて、自分で作ってしまう予感は、若干あります。
[PR]
by uzuztama | 2010-02-03 12:01 | お針 | Comments(8)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新のコメント
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 13:35
ステキな色合いですね! ..
by yamamotoyk at 22:39
◎香子さん ね、懐かし..
by uzuztama at 02:07
ああ〜懐かしい、お神酒ど..
by 香子 at 16:28
◎ziziさん えぇ堪..
by uzuz at 09:23
お姫様のような一日。 ..
by zizi at 19:51
◎香子さん へへっ、目..
by uzuz at 13:10
ああ、おいしそう! 夜..
by 香子 at 22:46
◎ziziさん えぇ液..
by uzuztama at 14:46
◎ziziさん 今のと..
by uzuztama at 14:43
ライフログ
検索
タグ
(170)
(123)
(86)
(79)
(72)
(59)
(39)
(13)
(10)
(10)
(8)
(5)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
画像一覧