<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
衣紋抜き
2015年 10月 26日
b0131366_22302468.jpg

先日書きましたように、現在、手が後ろであんまり上がりません。
思いっきりぐいっと、ひとまず後ろに抜いて衣紋抜きに腰ひもを通すのですが、一苦労です。
ことに、こういうふうに抜き加減が調節できるタイプは、通しにくいです。
固いのと柔らかいので抜き加減を変えるとか、そういう細かい調整はもうしないので、衣紋抜きを直すことにしました。

b0131366_22304467.jpg

と言っても、全部を解いて、通すところの幅を大きくしただけです。
これだと比較的紐が通しやすいのです。

いつか五十肩が終わる日を夢見つつ・・・
[PR]
by uzuztama | 2015-10-26 17:42 | お針 | Comments(8)
10/21の着物
2015年 10月 24日
b0131366_19543291.jpg

ポリの市松小紋にborasの帯を合わせました。
先日の教訓を生かし、薄手のストールを持って出かけました。

あらふぃふの私、現在絶賛五十肩です。
日常生活に支障はなく、大体の動きはできるのですが、いくつかの動きをすると痛みが走ります。
その動きの一つに「お太鼓を背中にのっける」というのがあります。
二部式帯を胴に巻き、形を作ったお太鼓を背中に乗せようとすると、痛みが・・・・
乗せたいところに乗っけることができません~
「締めるのが簡単♡」なはずの二部式帯で、締めるのに難儀してしまいます。
最近では諦めて、普通の帯と同様に前でお太鼓を作って後ろに回しています。
二部式帯って、回しにくいんですよねぇ・・・
つないでも差しさわりのないやつは、一本につないでしまおうか考え中です。


先日のお稽古:花月且座之式
[PR]
by uzuztama | 2015-10-24 19:54 | 着物を着た日 | Comments(4)
10/19の着物 目黒雅叙園・百段階段
2015年 10月 20日
b0131366_0552751.jpgb0131366_0553676.jpg

目黒雅叙園・百段階段の「華道家假屋崎省吾の世界」を見に行ってきました。
お花はどれも圧巻、迫力の作品ばかりでした。
残念ながら会場内は撮影禁止で、画像はエントランスの撮影okのものです。
お花もさることながら、百段階段のお部屋の数々も撮りたかったのですが・・・
どれもこれも、豪華絢爛、贅をこらし細部にまでこだわったお部屋でした。
中でも、星光の間が一番好みでした。
他の部屋に比べるとややあっさり目の装飾で、装飾画のテーマ「食物」も楽しく素敵でした。
(百段階段の画像はこちらでご覧になれます)

あとから案内をよく見ると、トワイライト見学(金・土・日・祝 17:00~19:00 通常見学より500円お高い)では写真撮影が可能だそうです。
来年は、このトワイライト見学にデジイチをかついで行くかもしれません。




b0131366_9275450.jpgb0131366_23563425.jpg

お花を見に行くので渋めが良いかなと思い、チャコールグレーのシルック鮫小紋に菊唐草の染帯を合わせました。

物販コーナーでは假屋崎氏が購入者にサインをしておいででしたが、手がすくと店内を巡回されます。
で、その際に「素敵な帯ねぇ~」とお褒めいただきました。
氏のお眼鏡にかなったようで、光栄です(^.^)



帰りの小田急が人身事故の影響で、混み混みでした。
帰宅ラッシュの時間帯ということもあり、身動きできないほどぎゅうぎゅうなのです。
昨日は寒い日ではなかったので、羽織物もなしで帯付でのお出かけでした。
家に帰って帯を見ると変な折り目が・・・
(吊っておいたらとれる程度の軽い折り目ですけれどね)
寒くはなくても、電車に乗るときは薄手のストールでも羽織っておくべきだったと後悔しました。
[PR]
by uzuztama | 2015-10-20 11:06 | 着物を着た日 | Comments(2)
10/14の着物
2015年 10月 15日
b0131366_821847.jpg

ポリ小紋に先日出来上がった帯の紫を合わせました。
考えるのが億劫で、小物は先週と同じです。
紫の無地帯を合わせると、frauのポリプレタがちょっと上等な感じに見えました。


昨日のお稽古:茶通箱(五行棚でやったので色々と大変・・・)
[PR]
by uzuztama | 2015-10-15 08:05 | 着物を着た日 | Comments(2)
リネンの無地帯
2015年 10月 13日
b0131366_901342.jpgb0131366_902218.jpg

薄手の無地リネンで帯を作りました。
紺と紫のリバーシブルです。
厚手の接着芯が手元になく、薄手の接着芯と表は仕立て直したので残してあった薄手の帯芯があったので、両方とも使ってみました。

b0131366_91316.jpg


帯芯を出来上がり寸法にカットし、接着芯は布の大きさよりやや小さめにカットします。
表地・帯芯・接着芯の順に重ねアイロンをかけます。
帯芯と接着芯がくっつき、縫い代部分で表地と接着芯がくっついている状態になります。
以前、接着新方式で帯を作り、簡単にできてうれしかったのですが、表地に直に接着芯を貼るのは、ものによっては少々ためらいがあり、何か手はないかと考えていたのです。
アイロンをかけるとまぁまぁ見られるようにはなったのですが、表地と接着芯の伸びが異なるので、少々難儀しました。

b0131366_130247.jpg

そもそも、この単衣に紺の帯を合わせてみたいと思い作り出したのですが、出来上がったのは10月・・・
してみたかった組み合わせはまた来年となりました。

仕上げてしまってからふと思ったのですが、この帯芯、外しただけで洗っていなかったような気が・・・
黄変も染みもなかったから、そんなに汚れていなかったはずと、仕立てる前にアイロンをかけたからちょっとは殺菌効果があるはずと、自分に言い聞かせています。




b0131366_923728.jpg

紫の布で、スカートも作りました。
サイドでタックをとったセミタイトです。
これもリネンですから、10月の仕上がりでは少々遅いです。
でもまぁ秋っぽい色ですから、今月いっぱいぐらいは着ていても大丈夫だとは思うのです。
[PR]
by uzuztama | 2015-10-13 10:18 | お針 | Comments(0)
10/7の着物
2015年 10月 08日
b0131366_1564650.jpgb0131366_14144390.jpg

風香のポリプレタ(ぺらぺら)に紫の菊唐草の染帯を合わせました。
左の画像では青い紫に写っていますが、右の画像のほうが実物に近い色です。
いつのまにやらすっかり秋ですね。
ぺらぺらとはいえ、袷の着物でも全然平気でした。
(まぁ、着物の下はいまだに夏仕様なんですけれどね)

昨日のお稽古:五行棚濃茶(10月のお点前・運び点前・水指を置くときは斜め・花印客向き・湯返しなし・飾るときは花印正面棚の上)
[PR]
by uzuztama | 2015-10-08 02:00 | 着物を着た日 | Comments(4)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新のコメント
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 13:35
ステキな色合いですね! ..
by yamamotoyk at 22:39
◎香子さん ね、懐かし..
by uzuztama at 02:07
ああ〜懐かしい、お神酒ど..
by 香子 at 16:28
◎ziziさん えぇ堪..
by uzuz at 09:23
お姫様のような一日。 ..
by zizi at 19:51
◎香子さん へへっ、目..
by uzuz at 13:10
ああ、おいしそう! 夜..
by 香子 at 22:46
◎ziziさん えぇ液..
by uzuztama at 14:46
◎ziziさん 今のと..
by uzuztama at 14:43
ライフログ
検索
タグ
(170)
(123)
(86)
(79)
(72)
(59)
(39)
(13)
(10)
(10)
(8)
(5)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
ファン
記事ランキング
画像一覧