<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
静嘉堂文庫美術館
2017年 07月 27日
b0131366_10251218.jpg
b0131366_10250508.jpg
曜変天目が静嘉堂文庫美術館で見られると教えていただいたので、お茶のお稽古の前にお友達と「かおりを飾る 珠玉の香合・香炉展」を見に行ってきました。
展示された香合・香炉はいずれも素敵です。
(ときどき「う~ん」というのもありますが・・・)
お目当ての曜変天目も見ることができ、堪能しました。
b0131366_10251936.jpg
その後お寿司をいただき、お稽古に向かいました。
美味しかったです。

7/26のお稽古:点茶盤濃茶





[PR]
by uzuztama | 2017-07-27 10:30 | お出かけ | Comments(4)
アンダリヤバッグのお直し
2017年 07月 24日
b0131366_10224422.jpg
先日のアンダリヤバッグ、ちょっと持ち手がけば立ってきました。
ひと夏終えるころには無残な姿になるだろうと予想されます。
好みの持ち手の長さと比べるとちょっと短いこともあり、だめになる前に直すことにしました。
b0131366_10225258.jpg
革テープに交換です。
持ち手長さを50cmにして、肩掛けも無理なくできる長さにしました。
もうちょっと巾広のテープのほうがバランスが良いように思うのですが、家にある材料で仕上げたかったので、これで我慢です。
b0131366_10225973.jpg
ついでに内ポケットも付けました。
綴じ付けるところがないので、持ち手の革テープの端に付けています。
b0131366_10230881.jpg
ここまで来て、内布も付けよかっなとは思ったのですが・・・
(裏側はざらざらしているし、保護するものがあった方が持ちが良いかなと思いましたので)
内布を付けることを思いつく前にポケットを付けてしまっていたし、バッグ自体の耐久性がそれほど強いとも思えないので、これ以上手間暇をかける気にもちょっとなれず、紙袋を程よい高さで切ってクラフトテープで切り口を補強したもので代用することにしました。
雑な仕上がりですが、ひとまずこれで様子を見ようと思います。
内ポケットがちょっと使いにくくなったけれど、まぁokです。





[PR]
by uzuztama | 2017-07-24 10:31 | 直す | Comments(4)
7/19の着物
2017年 07月 20日
b0131366_13130888.jpg

夏の定番、小千谷縮です。
着易いです、涼しいです(当社比)。
夏物は脱いだら全部洗濯なのですが、しょっちゅう洗うと色あせるのが早いとのこと、今回は洗剤は無しで水洗いだけにしてみました。
洗濯機に水を張り、着物や長襦袢を浸けて軽くゆすり、脱水してお終いです。
多分、これで大丈夫なはず・・・

b0131366_13131742.jpg


この日のバッグは実家で発掘した「ハマナカアンダリヤ」です。
いやぁ懐かしいです。
最近ではこのタイプの材料は無いように思います。
こま編みカゴバックも素敵ですが、こういうのも好きです。

b0131366_13132256.jpg

お稽古の帰りについ罠にはまってしまったのがこちら、京都ちどりやの簪です。
いゃホントついうっかり・・・

7/19のお稽古:台天目




[PR]
by uzuztama | 2017-07-20 13:31 | 着物を着た日 | Comments(4)
発芽玄米
2017年 07月 19日
b0131366_01531390.jpg

b0131366_01532762.jpg

昨秋、玄米を沢山もらいました。
炊くにあたり色々と調べたところ、発芽玄米は自分で作れるようでしたので、発芽玄米にして炊いています。
やり方はいたってシンプルです。
ぬるま湯に浸けて放置で、適宜お湯を換えるだけです。
冬場は発芽までに2~3日かかりましたが、最近は気温が高いので、12時間ほどで発芽します。
(発芽すると細かい気泡が沢山出てくるので、すぐにわかります)
そのままにしておくと、どんどん芽が出てきてしまうので、炊くタイミングでなければ、浸ておくのを冷水に換えて冷蔵庫に入れます。
炊くときには普通に白米モードで炊くだけ、超簡単です。
(玄米が吸水している分、水を減らした方が良いとも聞きますが、特に気にせず通常の水量で炊いています)

炊飯器に玄米モードはあったのですが、取説を読むと「白米と玄米を混ぜて炊くのはお勧めしません」と書いてありました。
しかしながら、我が家では玄米オンリーは人気が無いのです。
玄米1:白米4が文句が出ない配分です。
色々と炊き方を調べると、玄米を十分に吸水させておけば白米モードで炊いても問題はないということがわかりました。
さらに諸々調べているうちに、発芽玄米の作り方にたどりつき、どうせしばらく放置しておくのなら、発芽玄米にしたほうがお得な気がして・・・
沢山あった玄米もようやく無くなりそうで、一手間から解放される日も近いです。






[PR]
by uzuztama | 2017-07-19 01:55 | 食べる | Comments(2)
アンチ長財布派なのですが
2017年 07月 09日
b0131366_05151601.jpg

バーゲンの季節ですね。
アンチ長財布派なのですが、どストライクのものに出会ってしまい、ついついお買い上げです。
キャサリン ハムネットの財布とパスケース、お値段なんと新渡戸さんが一枚と野口さんが二枚です。
キャサリン ハムネット(とマーガレット ハウエルとアニエスb)は、あらふぃふの私にとって、かなりお洒落系なのです。
まぁ、デパートの1階で売られているものは、ロゴを貸しているに過ぎないというのは重々承知しているのですが・・・

b0131366_05154978.jpg

b0131366_05163381.jpg

何はともあれ、柄が超好みです。
文庫革にかねてより惹かれつつも、白ベースがちょっとなぁと思っていたので、この色の具合がちょうどいい感じです。
最近傾倒している北欧風にも、もともと好きな江戸小紋風にも見えます。
というわけで、アンチ長財布派なのですが買っちゃいました。
(お値段もお利口でしたしね)



b0131366_05165795.jpg

こういう着物にこういう帯というのも良いですね。
(持ってたか?)

b0131366_23563425.jpg

追記:(これいが近い?)





[PR]
by uzuztama | 2017-07-09 05:14 | お買い物 | Comments(2)
7/5の着物
2017年 07月 05日
b0131366_05183272.jpg

今季夏物お初です。
シルック小紋に紫の帯を合わせました。
とても好きな組み合わせです。
それにしても、薄くなるほど着易いですねぇー
余るところが少なくなるからでしょうか?
比較的短時間で、ぴしっと着ることができました。

麻の長襦袢を着る期間が長いです。
6月~9月はデフォルト、その日の気温によっては5月・10月でも出番があります。
出番の多さに対して持っている麻の長襦袢は1枚で、とうとう襟のところにダメージが・・・
ひどくなる前に継ぎをしなければとは思うのですが、肩山の生地は薄く薄くなりつつあり、限界かなぁとも思っています。


7/5のお稽古:初炭・葉蓋
ご用意してくださった炭斗がとても素敵でした。

b0131366_07112184.jpg





[PR]
by uzuztama | 2017-07-05 23:59 | 着物を着た日 | Comments(2)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新のコメント
◎香子さん ね、縫いづ..
by uzuztama at 10:57
ホント、uzuzさんなら..
by 香子 at 21:33
◎香子さん いぇいぇど..
by uzuztama at 07:44
あ〜、菊の帯! なんと..
by 香子 at 17:34
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 10:46
さすが、菊唐草の帯も ..
by yamamotoyk at 22:51
◎香子さん いい布でし..
by uzuztama at 00:10
すごい×2、残布ゼロ! ..
by 香子 at 20:53
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 00:12
ステキなデザインのバッグ..
by yamamotoyk at 21:40
ライフログ
検索
タグ
(154)
(101)
(83)
(81)
(80)
(71)
(38)
(35)
(35)
(33)
(19)
(16)
(15)
(11)
(10)
(10)
(7)
(5)
(5)
(2)
ファン
記事ランキング
画像一覧