タグ:シルック ( 101 ) タグの人気記事
2/27の着物
2013年 02月 28日
b0131366_11381992.jpgb0131366_11382960.jpg

あまり良いお天気ではないとの予報でしたので、浅草の時と同じ黒のシルックを着るつもりで準備していました。
いざ出かける頃になると晴れてきて、「良いお天気になるのなら、薄い色が着れたのに・・・」と思ったのですが、違うものに着替えている時間もなく、そのまま出かけました。
今回は朱の染め帯を合わせてみました。
小物を淡い緑にして、ちょっとだけひな祭りを意識しています。
なぜならば、うちのお雛さんの袂の色は淡緑と朱だからです(& 朱の帯= 緋袴想定)。

b0131366_1252636.jpg





昨日のお稽古:濃茶平点前
[PR]
by uzuztama | 2013-02-28 11:44 | 着物を着た日 | Comments(4)
1/16の着物 & 新春浅草歌舞伎
2013年 01月 17日
b0131366_10581781.jpgb0131366_10582625.jpg

新春浅草歌舞伎に行ってきました。
毛谷村にはやや違和感があったのですが、勧進帳は見ごたえがありました。
皆さんそれぞれに役にぴったりで、富樫も弁慶も義経も素敵でした。

b0131366_10575119.jpgb0131366_11283212.jpg

本当は仕立て直しの江戸小紋が着たかったのですが、地面が濡れているだろうし、薄色なので泥はねが飛んだら悲しいのでやめにして、ダメージに強い黒のシルックにしました。
こちらの着物は、紅葉と桜と松葉が描かれているので季節は選ばないはずなのですが、着てみると思いのほか紅葉が目立ちます。
秋用の着物にしたほうが良いかもしれません。

b0131366_1128449.jpgb0131366_105856.jpg

帯はお初の川島唐織にしました。
こちらも糸を引っかけたら立ち直れませんので、慎重に扱いました。
帯揚は水色の飛絞り、三分紐も水色です。
そして真打、帯留はmikimotoにしました。
[PR]
by uzuztama | 2013-01-17 11:19 | 着物を着た日 | Comments(4)
1/6の着物
2013年 01月 07日
b0131366_11542789.jpgb0131366_1272544.jpg

英の鮫小紋に雪持ち笹の唐織の帯を締めました。
こちらは糸をぴーっと引っかけてしまうと、当分立ち直れなくなってしまう帯なので、腕時計ははめず爪の欠けや手指のあれをチェックした後で締めました。
小物はゑり萬の飛び絞りの帯揚、先月からやたらと出番の多い井澤屋の撚房の帯締を合わせました。

初釜ではたいてい半東役ですので、お道具の準備に炭の準備、お料理を運んでお酒を注いでと仕事が色々とあります。
水を汲んだりお茶碗を洗ったりで、水を使うことも多々あります。
今回は、先生の袂が水につかるというアクシデントもありました。
懐石用のお箸(使う前に湿らせます)をつけてある水を張ったパットがあったのですが、そのパットに先生の袂がつかってしまったのです。
先生は気付かれずにしばらくそのままで・・・20cm四方ほどの水シミができてしまいました。
こういう可能性もあるとなると、やはり洗える着物が気楽です。

お裏の場合、色無地一つ紋がオールラウンダーです。
手持ちのシルックでは、これを着ておけばお茶席ではまず問題なしというのが昨年来た淡い緑の鮫小紋、まぁまぁokなのが今年の紋無し鮫小紋です。
この2枚を交互に着るのも芸がないし、紋の入った洗える着物がもう一つくらい欲しいかな・・・という気はするのですが、紋の入った着物は普段には着にくいですし、これ以上着物を増やすのもどうかなという気もします。
それに、こういうときでもないと紋入りの正絹を着る機会なんてほとんどないですし、万が一の場合には洗いに出すことを前提で、正絹着物をどんどん着たほうがいいかなという気もします。
悩ましいですね・・・


b0131366_11543432.jpg

今回はアクリルのストールを合わせてみました。
静電気は発生しませんでした。
やはり、ポリ着物にはアクリルストールが最適のようです。
[PR]
by uzuztama | 2013-01-07 13:33 | 着物を着た日 | Comments(4)
12/26の着物
2012年 12月 28日
b0131366_10325213.jpgb0131366_1033093.jpg

今年最後のおけいこ日でした。
黒のシルック小紋に白のお買い得唐織の名古屋帯、淡い緑の飛び絞りの帯揚に暈しの冠を締めました。
羽織は刈安色です。
腕時計をはめたままで帯を締めたのですが、いつもはそんなことは起きないのに、ベルトに帯の糸がひっかり「ぴー」っと・・・
お買い得唐織でしたから、精神的ダメージは比較的少なかったのですが、それでもショックでした。
唐織を締めるときは、時計は厳禁ですね。

b0131366_10331268.jpgb0131366_10331971.jpg

寒い日でしたので、ウールのストールとファーのマフラーを巻きました。
道中はぬくぬくだったのですが、先生のお宅について脱ぐと、ぱちぱちと盛大に音がします。

+++ウール・羊毛
++ ナイロン
+ レーヨン
↓ 絹
 皮
 綿
↑ 麻
- ポリエステル
-- アクリル
---塩化ビニル

ウール→ナイロン→レーヨン・・・の順で+に帯電しやすく、塩化ビニル→アクリル→ポリエステル・・・の順で-に帯電しやすく、これらの差の大きい組み合わせほど静電気が起きやすいのだそうです。
つまり、ウールと塩化ビニルを合わせた際に静電気は盛大に発生し、同素材の組み合わせの場合は静電気が発生しにくいということです。
今回は、着物と羽織がポリエステルで、ストールがウールでしたから、静電気ぱちぱちだったのだと思います。
ウールのストールが使いたいときは、羽織は正絹にしたほうが静電気は緩和されるのかもしれません。
あるいは、ウールのストールはあきらめて、アクリルのストールにするという手もありますね。
そういえば、南座に行ったときはシルック羽織にアクリルのストールでしたが、さほどぱちぱちしませんでした。
ウールのほうが上等で、アクリルのストールはすぐに毛玉ができてしまうし、お買い得お手頃の二番手としか思っていませんでしたが、シルックに合わせるストールの素材としては、優れものなわけですね。

またさらに、黒の着物でしたから、埃が目立ちますっ!
黒地の着物を乾燥する冬に着るときは、白のウールのストールは避け、素材の組み合わせに注意するということを、今回学びました。
今までは、そんなに気にならなかったのですが、今回はなんだかひどかったです。
年々、静電気体質になってきているような気もします・・・


先日のお稽古:台子初炭手前・台子濃茶
[PR]
by uzuztama | 2012-12-28 10:55 | 着物を着た日 | Comments(6)
12/19の着物
2012年 12月 20日
b0131366_8223451.jpgb0131366_8231083.jpg

くすんだピンクの小花柄のシルック小紋に栗山で染めた橘の帯、羽織は黒にしました。

b0131366_8224919.jpgb0131366_823249.jpg

最初はピンクの暈しの帯締を合わせていたのです。
が、いざ締めて鏡をまじまじと見ると・・・可愛らしすぎるのです。
地色がピンク帯揚がピンクとくると(まぁ、くすんだピンクではあるのですが)、帯締までピンクにすると若い娘さんのようです。
こりゃだめだと、帯締はターコイズに変えました。
こっちのほうが落ち着きます。


昨日のお稽古:台子初炭手前・台子濃茶(初釜のお稽古)
[PR]
by uzuztama | 2012-12-20 14:34 | 着物を着た日 | Comments(4)
12/9の着物
2012年 12月 12日
b0131366_1524113.jpgb0131366_15241983.jpg

顔見世ではシルック小紋を着ました。
帯は伊澤屋の進塩瀬、帯揚はゑり萬の飛び絞りです。

帯締は、早々にお目見えの冠撚房にしました。
[PR]
by uzuztama | 2012-12-12 22:26 | 着物を着た日 | Comments(4)
6/27の着物
2012年 06月 30日
b0131366_15403396.jpgb0131366_15404143.jpg
6/21と同じ英小紋に黒の絽に銀糸・シルバーグレーで萩の柄の刺繍帯です。

b0131366_15405072.jpgb0131366_1655959.jpg
帯揚は臙脂の飛び絞り、帯締は夏用のものを合わせました。
今回の帯は、「黒の絽の帯~黒の絽の帯~」と呟きながらヤフオクを徘徊している際に見つけたものです。
素材は正絹、刺繍は綺麗、なかなか良好なコンディションだと思うのですが、ゆきち一枚以下の大変お求めやすい価格で速買でした。
非常に満足です。


お稽古:盆点
[PR]
by uzuztama | 2012-06-30 23:59 | 着物を着た日 | Comments(6)
6/21の着物 & 襲名披露
2012年 06月 29日
b0131366_16222823.jpgb0131366_16223338.jpg
先週のお話になりますが、お茶の先生とお社中さんをお誘いして新橋演舞場に行ってまいりました。
観に行ったのは昼の部です。
この人は古典派・正統派だと思っていたんだけどなぁとか、あの人がここに来るとなると前からいたあの人はどうなっちゃうんだろうとか、色々と大人の事情を感じはしましたが、襲名披露というのは華やかな雰囲気がして良いですねぇ。
とても楽しかったです。
ご一緒していただいたお2人にも、「良かったわぁ~」と満足していただけました。

b0131366_16224166.jpg
英の水色小紋に綴の帯を締めました。

b0131366_16232735.jpgb0131366_16234143.jpg
お披露目公演ですから、少々フォーマルっぽくしてみました。
(いつでも、ややフォーマル系なんですけれどね・・・)
先日の1050円プチプラブローチを帯留にしてみました。
ばっちりでした。
[PR]
by uzuztama | 2012-06-29 16:49 | 着物を着た日 | Comments(7)
3/8の着物 & 平成中村座
2012年 03月 09日
平成中村座に歌舞伎見物に行ってきました。

b0131366_179201.jpgb0131366_17930100.jpg

b0131366_17941100.jpgb0131366_179521.jpg

b0131366_171015.jpgb0131366_17101091.jpg

まずは暫、華やかで良いですねぇ~
鎌倉権五郎は、超カッコ良かったです。
(でもお声は、この方よりもお父さんのほうが好きです)
次は一条大蔵、弟さんがいつのまにやら綺麗になっておいででびっくりしました。
もちろん本日の主役のお兄ちゃんも、前半の阿呆ぶりは楽しく、後半はきりりと素敵です。
時折、(声なんか特に)お父さんにそっくりで笑ってしまいました。
3つ目は舞鶴雪月花です。
こちらでの弟さんは、ひたすら可愛く可憐です。
いやほんと、綺麗なお嬢さんでした。
松虫では、片岡さんちのお祖父さんとお孫さんの舞を拝見しました。
(もうお祖父ちゃんなんや・・・とちょっと悲しくなってしまいました)
そして最後、お父さんの雪達磨はとてもコミカルで笑いを誘います。
ラストの舞台背面が開きスカイツリーが見える演出も素敵でした。
雪達磨がどうしてもオバQに見えてしまうのは、ひとえに私の不徳の致すところです。
いやいやなかなかどうして、かなり楽しかったです。

今回、席を取るにあたって、占有スペースの広い松と快適ではなさそうな椅子席の竹とで悩み悩んで、松にしました。
が、これは失敗でした。
足を崩したり、のばしたりしたら対応できると思っていたのですが、崩した膝隠しのためのストールも持参していたのですが、やっぱり膝が痛くなりました。
着物だと足を崩すと言っても限界がありますものね。
次回、行くことがあれば、着物なら椅子席、松席なら洋服で行こうと思います。

お弁当は草津亭の芝居弁当にしました。
大変美味しかったです。
お弁当を食べる際、チケット手配のお礼にと同行の知人(今回は、お茶のお稽古のお社中さんとご一緒しました)が缶ビールをご馳走してくれました。
いつもの歌舞伎見物ではビールを飲んだりはまずしないのですが、中村座だとなんだか似合う気がします。

b0131366_1635764.jpgb0131366_163548100.jpg

b0131366_1635238.jpgb0131366_16353326.jpg

着物はシルックの鮫小紋、組紐模様名古屋帯、紅の飛絞りの帯揚、ターコイズの三分紐、帯留は先日の大人買いのブローチです。
どうやって三分紐を通そうかと試行錯誤しているうちに、フレームに通すと大変おさまりが良いことを発見しました。
滑りは悪いのですが、落とす心配は絶対にないので、これはこれでokだと思います。
直径6cmはかなり大きいだろうと思っていたのですが、付けてみると大きすぎるとは感じませんでした。
これに慣れてしまったら、今までの帯留のサイズでは物足りなくなってしまいそうです。

名古屋帯は井澤屋の新塩瀬です。
昨年暮れの、白の名古屋帯のお披露目の日記に「次は黒いのが欲しいなぁ」と書いたところ、「箪笥の肥やしになってしまっている黒地の名古屋帯があるのだけれどいかがですか?」とご連絡をいただき、ありがたく頂戴した品です。
深緑の濃淡と、紫の濃淡の綺麗な色合いで組紐が繊細に刺繍されています。
素敵な帯を頂戴し、感謝々々です。
[PR]
by uzuztama | 2012-03-09 20:00 | 着物を着た日 | Comments(6)
1/28の着物
2012年 01月 30日
b0131366_1132565.jpg

1/27は初釜でした。
遅ればせながら、ようやくの初着物です。
正倉院柄段模様の正統派帯と迷いましたが、今回は鏡紋綴帯にしました。
派手かと懸念していましたが、締めてしまうと、朱色も意外と気になりません。
このくらいの朱ならワンポイントよ、平気へいき・・・といった感じです。
帯の柄に抹茶緑があり、着物との相性も良いようです。
帯揚は着物と同色の絞りの帯揚、帯締は朱色系の暈しにしました。
今年もお上品着物道に邁進していく所存です。
(こういうのが落ち着くわぁ)

私のお役目は半東&お薄手前でした。
長時間のお茶事、座りっぱなしのお客さんより、諸々の段取りで大忙しですが(亭主役のサポートとか、席をこっそりと覗いて懐石の進行状況を確認したりとか・・・)、膝が痛くならない亭主側の方が私は好きです~
[PR]
by uzuztama | 2012-01-30 11:07 | 着物を着た日 | Comments(4)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新のコメント
◎ziziさん そうな..
by uzuztama at 10:29
持ち手がひっくり返ってい..
by zizi at 18:10
◎香子さん お返事遅く..
by uzuztama at 08:57
ホント、季節柄は悩ましい..
by 香子 at 17:52
◎香子さん ね、縫いづ..
by uzuztama at 10:57
ホント、uzuzさんなら..
by 香子 at 21:33
◎香子さん いぇいぇど..
by uzuztama at 07:44
あ〜、菊の帯! なんと..
by 香子 at 17:34
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 10:46
さすが、菊唐草の帯も ..
by yamamotoyk at 22:51
ライフログ
検索
タグ
(154)
(101)
(83)
(82)
(81)
(71)
(39)
(35)
(35)
(33)
(19)
(16)
(15)
(11)
(10)
(10)
(7)
(5)
(5)
(2)
ファン
記事ランキング
画像一覧