麻長襦袢のお直し
2018年 06月 11日
b0131366_14295016.jpg

昨年ごろから襟ぐりの肩のあたりに穴が開き始めていた麻の長襦袢です。
なんとかしないとと思いつつ放置していましたが、早急に手を打たないといけない状況になってきました。
当初は、襟を外して、当て布をして補強して、襟を付け直して・・・ときちんと直そうと思っていたのです。
その「きちんと直す」が億劫で放置していたら、穴はどんどん大きくなり、襟の際にも穴が開き始めました。
もう悠長にはしていられません。
直し方は適当でいいです。
b0131366_14295449.jpg

折良く昇天したばかりの楊柳ステテコがありましたので、ダメージの少なかった裾の部分を活用することにしました。
裾のレースも生かし、当て布サイズにカットしました。
b0131366_14495476.jpg

襟ぐり・肩山のあたりに、裏側から当ててミシンでがーっと周りを縫って留めます。
襟は外していませんから、襟の上に当て布がかぶっていますが、もう気にしません。
b0131366_14295835.jpg

表側から穴の箇所をミシンステッチで補強です。
手縫いは一切なしで仕上げました。
所用時間は一時間もかかりませんでした。
「お直し」というより「修理」に近い感じがします。
邪道で強引な直し方だとは思うのですが、穴が開いたまま着ているよりは良いと思うのです。







by uzuztama | 2018-06-11 14:59 | お針 | Comments(4)
Commented by yamamotoyk at 2018-06-11 21:30
わお~!ステキです☆
コレだから、捨てられないんですね、
気持ちの良さそうな布の端。
でも、思い出さないとお蔵入りするので、
早速活用できて良かったですね♪~
Commented by 香子 at 2018-06-12 00:04 x
おおぅ、頑張りましたね〜♪
ワタシなら接着芯ペタリでお茶を濁しそうです (^-^;;
Commented by uzuztama at 2018-06-12 10:29
◎うまこさん
ありがとうございます♡
そうなんですよ、「直せば着られる」「直すときの材料になる」からなかなか捨てられないんですよね。
ステテコの昇天は、ほんと丁度良いタイミングでした。
有効利用ができたので、残りは心置きなくウェスにできました。
Commented by uzuztama at 2018-06-12 10:40
◎香子さん
頑張りましたよ~
でも全部ミシンですから、そんなに苦でもなく、時間もかかりませんでした。
私、接着芯を扱うのがへたくそなのです。
はがれる・浮くは必至なのです。
お値打ち接着芯を購入しているのも原因だと思います。
着るたびに洗いますから、丈夫で長持ちのミシン掛けにしました。
<< 6/19の庭 5/30の着物 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
御髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
最新のコメント
なるほど、蓋があって中が..
by yamamotoyk at 23:32
◎香子さん ティペット..
by uzuztama at 11:58
◎うまこさん ありが..
by uzuztama at 11:52
流行ってますよね、ファー..
by 香子 at 09:41
ステキなバッグが出来まし..
by yamamotoyk at 21:52
◎ziziさん ありが..
by uzuztama at 15:22
ご成人おめでとうございま..
by zizi at 18:13
◎香子さん 戻駕はそれ..
by uzuztama at 10:22
初春恒例の新年会を兼ねた..
by 香子 at 09:19
◎香子さん ありがとう..
by uzuztama at 15:51
ライフログ
検索
タグ
(171)
(110)
(92)
(90)
(87)
(74)
(42)
(37)
(35)
(35)
(20)
(17)
(16)
(13)
(13)
(11)
(7)
(5)
(5)
(2)
ファン
記事ランキング
画像一覧