人気ブログランキング |
カテゴリ:庭・花( 43 )
ヒヤシンス94日目
2019年 03月 09日
b0131366_16484958.jpeg

b0131366_16490116.jpeg

94日目です。
あっという間に下のつぼみも咲き始めました。
早いですねぇ~
さらに脇の芽からもつぼみが出てきているのを見つけました。
全部で花は3つ咲いてくれるようです。

b0131366_16510118.jpeg

b0131366_16511846.jpeg

見た目の良い容器として、100均でピッチャーを買ってきました。
(200円のやつでしたけど)
ヒヤシンスを始めるにあたり色々と調べていたとき、100均のカラフェを使っているのをいくつも見ました。
もうそれにしようと100均に行ったのですが、ピッチャーに遭遇し、カラフェよりこっちのほうが後々使えるからとこちらにしました。
球根受けにしていたペットボトルはそのまま使っています。
これでだいぶ見た目がよくなりました。






by uzuztama | 2019-03-09 16:48 | 庭・花 | Comments(2)
ヒヤシンス92日目
2019年 03月 07日
b0131366_14170967.jpg

数日前から花が咲き始め、94日目の今日、満開になりました。
綺麗に咲いてくれました。
わきにつぼみがまだあります。
こちらが咲くのも楽しみです。

b0131366_14171437.jpg

無粋なペットボトルにはカバーをかぶせればよいとご教授いただき、丁度良い花瓶があったのでそちらに入れてみました。
高さは丁度良いのですが、ちょっと巾がありました。
置いている窓枠からはみ出してしまいます。
う~ん残念・・・







by uzuztama | 2019-03-07 14:27 | 庭・花 | Comments(4)
ヒヤシンス84日目&デンドロビウム
2019年 02月 27日
b0131366_15445729.jpg
b0131366_15450119.jpg

84日目です。
12/5にスタートしたヒヤシンスも、紫玉ねぎからだいぶ進化しました。
2週間ほど前に陽の当たる場所へと移動させてから、著しい成長ぶりです。

b0131366_15450544.jpg

こちらは2/14の71日目、置き場所を移動させる直前の姿です。
プリンカップからスタートし、根っこの成長に伴い途中で500mlのペットボトルにバージョンアップし、根っこはさらに成長を続け、もう限界と冷蔵庫から出したのがなんやかんやで56日目の1/30でした。
冷蔵庫から出したばかりの頃の芽は黄緑色でしたが、この頃にはだいぶ緑が濃くなっています。
容器も500mlからポンジュース1Lへと大きくなっています。
花が咲くころまでにはおしゃれな容器を用意しようと思っていたのですが・・・

b0131366_15450886.jpg
b0131366_15451475.jpg

昨春に購入したデンドロビウムもつぼみを付けています。
しかしその数はあまりも少なく・・・
昨年のように盛大には咲いてくれそうにありません。

昨年↓
b0131366_16031580.jpg
b0131366_16031255.jpg








by uzuztama | 2019-02-27 16:05 | 庭・花 | Comments(4)
ヒヤシンス8日目
2018年 12月 13日
b0131366_14403398.jpg

b0131366_14400734.jpg

ヒヤシンスは順調です。
無事に発根しました。
右手前からも芽らしきものが出てきていますので、花が2つ咲いてくれるかもしれません。






by uzuztama | 2018-12-13 14:48 | 庭・花 | Comments(0)
ヒヤシンスも始めました
2018年 12月 06日
b0131366_02402025.jpeg

ちょっと懐かしくて、今年はヒヤシンスの水栽培に挑戦です。
おそらく、小学校以来ではないでしょうか。
水栽培となればポットが必要なのですが、うちにはありません。
ネットで探すと、いろんな種類のものがあります。
どうせ購入するならカッコイイの、カッコイイのは高い、お手軽価格のはそれなりと、水栽培ポット購入のハードルが思いのほか高く、「ヒヤシンス始めたい」「カッコいいポットが欲しい」「高い」とぐるぐるとしつつ、ネットで育て方を調べていると、ありものでやっている人が沢山いました。
「買わなくてもできるじゃん」と、ヒヤシンス水栽培を始めることにしました。

b0131366_02403517.jpeg

まずは低温に1ヶ月ほど置き、冬を体験させるのだそうです。
容器はiwakiのプリンカップ、球根が乗っているのはペットボトルの口の部分をカットして逆さまにしたものです。
(ペットボトルって、ほんとなんにでも加工できますね。もはや飲み物容器としてではなく、工作材料として作られているのではないかと思います)
球根の下がつくかつかないほどの水に浸けて、冷蔵庫に入れました。
発根し、根が長く伸びたら大き目の容器に変えるつもりです。
最初から大きい容器だと、冷蔵庫の中で邪魔ですし・・・
このままで、今月は様子を見ようと思います。
(多分、お正月の準備の買い出しとかで、冷蔵庫から追い出されると思うのです)









by uzuztama | 2018-12-06 23:59 | 庭・花 | Comments(2)
6/19の庭
2018年 06月 19日
アジサイが綺麗に咲いています。
b0131366_10442150.jpg

b0131366_10442571.jpg

アナベルが満開です。
ほぼメンテナンスフリーで、例年いっぱい花をつけてくれる優等生です。

b0131366_10442852.jpg

b0131366_10443027.jpg

剪定の時期が良かったのか、冬の寒さが良かったのか、今年は墨田の花火も満開です。
例年は花がちょこっとしか咲いてくれなくて、寂しかったのです。
今年はいっぱい咲いてくれて、嬉しいです。






by uzuztama | 2018-06-19 10:46 | 庭・花 | Comments(2)
お安かったのでつい・・・
2018年 04月 11日
かねてより気になってはいたのですが、ちょっとお高そうなので(実際のところお店で見かけるのはお高かったし)、気軽には手が出せなかったのが蘭の類です。
胡蝶蘭はゴージャスすぎてうちには合わないので、ミニ胡蝶蘭が可愛くていいなぁと常々思っていました。
それがなんと、思いのほかお値打ち価格で店頭にあったので、ついつい買ってしまいました。
このぐらいのお値段なら、来年花が咲いてくれなくても、万が一枯らしてしまっても耐えられます。

↓1800円
b0131366_10273098.jpg

↓1900円
b0131366_10272669.jpg

↓1900円
b0131366_10272294.jpg


私が見かけた範囲では最安値でしたので、ついつい購入です。
(3つ目の濃いピンクのデンドロビウムはよそにお嫁に行きます)
びば農協ですね。
お野菜などは「お買い得」ぐらいの感じですが、こちらは「超お買い得」な感じがします。





by uzuztama | 2018-04-11 00:00 | 庭・花 | Comments(2)
8/30の庭
2017年 08月 31日
うちの庭には、買ってきたものではなく、挿し木で増やしたのでもない庭木がいくつかあります。
b0131366_09273689.jpg
b0131366_09274859.jpg
b0131366_09280296.jpg
南天も雪柳も万両もどこかから飛んできた種が発芽していたのを見つけ、移植したり鉢に上げたりして育てたものです。
あたりまえの能力ですけれど、種ってすごいなぁと思います。
b0131366_09301545.jpg
最近、また南天が生えているのを見つけました。
南天は既に大きいのが一株あり他に植えたいところもなく、この場所には南天に生えてもらいたくない、かといって抜いてしまうのはもったいない・・
とりあえず一旦鉢に上げようか(もう鉢植えは増やしたくないのですが)、なんとかして地植えの場所を見つけようか、もんもんとしています。
b0131366_09305711.jpg
これは何でしょうね?
いかんせん変なところから生えてきています。
うちのフェンスとお隣のフェンスの間です。
ここで大きくなられても困るので、これは引っこ抜き確定です。





by uzuztama | 2017-08-31 11:45 | 庭・花 | Comments(0)
6/12の庭
2016年 06月 12日
b0131366_18291193.jpegアナベルは盛況です。

b0131366_18292898.jpegスミダノハナビは残念、3つだけです。

b0131366_18294685.jpegカシワバアジサイはもっと残念、2つだけです。

b0131366_18301940.jpegスミダノハナビはちょっと離れているので兎も角、アナベルとカシワバアジサイは隣同士なんですけれど、その差は激しいです。
確かにアナベルのほうが南にはありますが(西側から撮っています)、こんなに差が出るとは・・・
例年ですと、花が付かなかった枝は早めに剪定し、脇芽が出てくるのを待つのですが、今年はこのままにしてみようと思います。
(伸びすぎる可能性もあるのですが)












by uzuztama | 2016-06-12 23:59 | 庭・花 | Comments(0)
覚え書き
2016年 06月 08日
b0131366_122543.jpgカタバミ 片喰
カタバミ目カタバミ科カタバミ属

ちなみに実家の紋は剣片喰

b0131366_1243885.jpgイモカタバミ 芋片喰
カタバミ目カタバミ科カタバミ属

南アメリカのブラジル,ウルグアイ,パラグアイ,アルゼンチンなど広域の比較的標高の高い地域が原産である。日本への渡来は、第二次世界大戦後に観賞用として導入されて以降、国内に広く帰化している。

b0131366_1564268.jpgシロツメクサ
マメ目マメ科シャジクソウ属

漢字表記は、「白詰草」。詰め草の名称は1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことに由来する。
日本においては明治時代以降、家畜の飼料用として導入されたものが野生化した帰化植物。

b0131366_1425214.jpgゲンゲ
マメ目マメ科マメ亜科ゲンゲ属

本日一番の驚き、長らく「レンゲ」だと思っていましたが、「ゲンゲ」だそうで、wikiでの順位は「レンゲ」「レンゲソウ」より「ゲンゲ」のほうが上でした。
「ゲンゲ(紫雲英、翹揺 Astragalus sinicus)はマメ科ゲンゲ属に分類される越年草である。中国原産。レンゲソウ(蓮華草)、レンゲ、とも呼ぶ」


いゃいゃいゃいゃ「とも呼ぶ」ってどういうこと?生まれてこの方「レンゲ」としか呼んだことがないですけど?今日初めて「ゲンゲ」って知ったんですけど・・・
ものすごくショックを受けています。





6/8のお稽古:濃茶平点前










by uzuztama | 2016-06-08 23:59 | 庭・花 | Comments(2)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
御髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる・飲む

以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...
最新のコメント
◎ziziさん レース..
by uzuztama at 20:40
◎香子さん ね、いいで..
by uzuztama at 20:36
レースの人気ぶりは衰えを..
by zizi at 17:52
あらステキ♪ この黒地..
by 香子 at 23:34
◎香子さん ありがとう..
by uzuztama at 14:19
すってき〜! Vにした..
by 香子 at 19:18
◎ziziさん お袖レ..
by uzuztama at 11:44
あら 流行のレース袖です..
by zizi at 20:48
◎香子さん ねっ、袖レ..
by uzuztama at 15:35
わぁ〜、袖レース好きです..
by 香子 at 08:29
ライフログ
検索
タグ
(171)
(110)
(92)
(90)
(87)
(74)
(42)
(37)
(35)
(35)
(20)
(17)
(16)
(13)
(13)
(11)
(7)
(5)
(5)
(3)
ファン
記事ランキング
画像一覧