<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
11/21の着物
2018年 11月 22日
b0131366_20063747.jpeg
b0131366_20065924.jpeg
ようやく羽織デビューしました。
今回のテーマは「紫と黄色」です。
「紫と緑」は鉄板ですが、「紫と黄色」も王道ですよね。

小物は前回と同じものです。
自作の帯はリバーシブルで裏面が紫の絞り、その残り布で作ったのがこのの帯揚です。
帯揚と1巻目が同素材でして、ずらして巻いても違和感0です。

バッグは出来上がったばかりの↓のもの、草履は辛子色にしました。



11/21のお稽古:濃茶平点前・薄茶平点前








by uzuztama | 2018-11-22 23:20 | 着物を着た日 | Comments(2)
新しいミシンは快調です
2018年 11月 20日
b0131366_13453094.jpg
b0131366_13450370.jpg
新しいミシンは快調です。
小物やバッグ(あと口をぐるっと縫えば仕上がりです)を縫いました。
(↓↓↓この帯とスカートの残り布で作りました)
b0131366_23542075.jpgb0131366_23542971.jpgb0131366_10251896.jpg



以前色無地羽織を作った際、もう着ない楊柳の長襦袢(単衣の季節は洗える素材のみにシフトしていたので)を解いて羽裏にしたのですが、その残りで腰紐も縫いました。
腰紐が増え、かつ半端に余っていた端切れが消費出来て嬉しいです。
b0131366_13454649.jpg




今まで使っていたのは電子ミシンで、新しいのはコンピュータミシンです。
電子ミシンは単純な機械でしたが、コンピュータミシンは指示通りに動きつつも、やりにくい箇所になるとちょっと自分で制御してる風です。
電子ミシンはこちらの指示通りにしか動かず(縫うものの厚さなど気にせず猪突猛進、貫通できず止まる、もしくは針が折れる)、コンピュータミシンは自分で考えて動く(ちょっと指してみて厚さを感知し「指定の速さじゃ無理」と、そっと針をおろしてみる)感じです。
ときどき、思っていたのと違う動きをしてちょっと気持ち悪い時もありますが、動作音が静かですし、細かい調整もたくさんできますし、概ね満足です。
でもねぇ・・・・繊細がゆえに以前のミシンほど長生き(20年)はできない気が(ちょっと)します。









by uzuztama | 2018-11-20 18:00 | お針 | Comments(4)
11/14の着物
2018年 11月 16日
b0131366_14552445.jpg

b0131366_14552850.jpg

淡い緑の紅花紬に紫の菊唐草です。
緑に紫って合いますねぇ~
この帯は、「とっても大好き♡」というほどではなくそこそこに好きなのですが、長尺で余裕を持って締められるのと、柄が結構にぎやかなので、ずらして巻いても目立たないので使いやすいのです。
あと、普段の色遣いよりややきつめなので、いつもとは違う意味で「綺麗な色ねぇ~」とお褒めいただきます。
帯は紫の絞り(端切れの再利用)、帯締めは淡黄です。


b0131366_14553232.jpg

さほど寒くはなかったので、羽織デビューがまだできていません。
(ストールは前回より分厚くなりました)


11/14のお稽古:唐物
by uzuztama | 2018-11-16 09:00 | 着物を着た日 | Comments(2)
11/7の着物
2018年 11月 08日
b0131366_15135479.jpg

b0131366_15135900.jpg

くすんだピンクの紅花紬に菊唐草の縮緬の帯を合わせました。
この着物にはまずこの帯、ほぼ毎年の定番かと思います。
小物でアクセントカラーというのは、もう放棄です。
面白いかもと思って反対色なんかを合わせてみても、どうにも落ち着きません。
芸は無くとも安定のワントーンコーデです。
こういうののほうが着ていて楽です。

そろそろ羽織デビューかな~などと思っていたのですが、寒さが和らいだ日でしたので、羽織は諦め薄手のショールにしました。



11/7のお稽古:炉濃茶






by uzuztama | 2018-11-08 15:18 | 着物を着た日 | Comments(4)
ミシンを買いました
2018年 11月 03日
愛用のミシンがそろそろ20歳を迎えようとしています。
糸通しはとう昔にダメになり、返し縫ができなくなり、糸調子はおかしく(調節に勘が必要)、小物入れの蓋は爪が折れ、勝手にぱかりと開くのでテープで留め(開け閉めをするでマスキングテープが最適)、コードリールのストッパーがばかになっていてすぐに引き込もうとするのでクリップで留めないといけないだけで、まぁ縫うことはできるのです。
この夏の諸々製作も、この状態のミシンで問題なくできたのです。
私の作るものなんて、直線縫い(前進のみ)と端の始末のジグザグが出来さえすれば何とかなるのです。

でもまぁそろそろ買い替えても良い時期ではあるので、先日okadayaに(現在のミシンのメンテナンス用の)ミシンオイルを買いに行った際、情報収集のためにちょっとミシンコーナーに寄ってみたところ、とんとんと話が進み、新規購入の運びとなりました。

b0131366_13325262.jpg

JANOME DC6030です。
2012年グッドデザイン賞受賞のミシンです。
もうそろそろ販売終了とのことで、だいぶお値打ちになっていました。
店員さんにおすすめされたのはこれの次世代の機種なのですが、いやあの私はその・・・見た目に弱いのです。

欲しいスペックと予算を伝え、店員さんに候補をいくつか見せてもらい、展示されていたこのミシンを見て一目ぼれ、グッドデザイン賞と聞きさらに惚れ直し、販売終了が近いと聞き「もうこれは買わなきゃ」となりつつも、いったん家に帰りネットで調べ、もう一度お店に行って相談し、三度目でようやく購入の運びとなりました。

なかなか綺麗でカッコいいです。
カクカクしていてちょっと北欧の家電のようです(勝手なイメージ)。
いやホント見た目って大事ですよね。
モチベーションが上がります。
頑張ってこれから秋冬物を縫います。





by uzuztama | 2018-11-03 13:33 | お買い物 | Comments(2)
10/31の着物
2018年 11月 01日
b0131366_10192656.jpg

b0131366_10193164.jpg

秋向きだなぁと思う着物や帯が多いので、どんどん着ないといけません。
菊の柄のシルック小紋を着ました。
小物は同系色、芸は無いけれど落ち着きます。
帯はもういつでもこれ、海老茶の川島の名古屋帯です。
ちょうど紅葉のところが前に来ました。

この帯を仕立ててもらったのはかれこれ25年前で、この頃は半幅を広くしてもらうなどという小技をしらず、普通に半分の15.5cmです。
知った時には、既に何度も締めており、仕立て直したところで跡がくっきり残るだろうと、そのままで締めています。
う~ん残念。

2巻目をずらして巾を出すときは、下にずらすのがお約束のようですが、なんだか落ち着かなくて(柄が下に寄りすぎる?)、いつも上にずらしています。


b0131366_10193625.jpg

まだ羽織には早いので、薄い綿のストールを羽織りました。
(画像真ん中やや左下の花、ぜったい花芯の刺繍忘れてる・・・)


10/31のお稽古:濃茶





by uzuztama | 2018-11-01 10:27 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(2)


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
御髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
最新のコメント
◎香子さん 戻駕はそれ..
by uzuztama at 10:22
初春恒例の新年会を兼ねた..
by 香子 at 09:19
◎香子さん ありがとう..
by uzuztama at 15:51
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 15:46
わあ、ステキ♪ 匂うよ..
by 香子 at 09:05
ご成人おめでとうございま..
by yamamotoyk at 21:39
◎ziziさん 年に一..
by uzuztama at 13:10
料亭、観劇 素敵なお写真..
by zizi at 16:45
◎香子さん えぇこれが..
by uzuz at 14:56
おお、これがパーフェクト..
by 香子 at 13:24
ライフログ
検索
タグ
(171)
(110)
(92)
(90)
(87)
(74)
(42)
(37)
(35)
(35)
(20)
(17)
(16)
(13)
(13)
(11)
(7)
(5)
(5)
(2)
ファン
記事ランキング
画像一覧