9月以降に買った本
2017年 11月 12日
b0131366_15402954.jpg

b0131366_15404097.jpg
9月以降に買った単行本です。
私が購入する本は、単行本発行の間隔が長く、年1冊というのが多いです。
この秋はそれが一斉に出そろいました。
もうちょっと分散して読みたいのに、お楽しみが一気にやってきました。
嬉しいけれど、ちょっと悲しいです。





[PR]
# by uzuztama | 2017-11-12 15:44 | 読む
かばんを作りました
2017年 11月 09日
b0131366_14431292.jpeg

b0131366_14432853.jpeg
夏から秋にかけて、今年はいくつかバッグを買ってしましました。
それに伴い、使っていなかったり痛んでいたりしたバッグを思い切って処分しました。
手持ちのラインナップはすっきりしたのですが、困ったのが過日の長雨の時です。
合皮(アイボリー系とシルバー)や布製のバッグはいずれも夏っぽい色合いのものばかり、秋に持ちたい気分ではありません。
雨の日にも心置きなく使えるものが欲しくなり、echinoの布で作りました。
地色はきらきら系(アイボリー地に細い金色の横糸が入っていて、上手く写せませんでしたがキラキラしています)、青の水玉はモールで秋冬っぽい布です。
端切れでポーチも作りました。
これをみた上の子(18歳女子)が「可愛い、欲しい」と言いましたので、もう一個作ります。
これで残布はほぼなくなります。
ゴミゼロって素晴らしい。
端切れってついついため込んでしまうけれど、結局使わないことが多いので・・・



[PR]
# by uzuztama | 2017-11-09 16:11 | お針 | Comments(4)
11/1の着物
2017年 11月 02日
b0131366_15323488.jpg
b0131366_15324421.jpg

前回の寒さがうそのようです。
羽織るものが無くても全然平気です。
(帰る頃には日が暮れているので、ストールは持参しました)

大島紬に朱の染帯を合わせました。
帯を締めてしまってから、「あぁこの帯には金彩があるから、紬には合わせないことにしてたんだった」と思い出しました。
「黒に朱ってべただけど、可愛くて好き♡」の念が先行していて、すっかり失念していました。
柄の中に盛り上がっているのがちょっとあるだけだし(朱色の花びらのまわりと花芯)、地色のさっと唐草みたいのが引いてあるのは「黄土色」に見えなくもないし・・・と自分を納得させて、そのまま出かけました。
そんなにきんきらした帯ではないのですが、でもまぁ気になると言えば気になるのです。
次回は気を付けようと思います。

前回から試してみている、コーリンベルトの位置をずらす件ですが、今のところ快調です。


11/1のお稽古:濃茶平点前






[PR]
# by uzuztama | 2017-11-02 15:42 | 着物を着た日 | Comments(4)
やっと来ました
2017年 10月 25日
b0131366_20281722.jpeg

2015/7/28に予約した本がようやくやって来ました。
当初の予想通り2年待ちでした。
途中、何度bookoffで買ってしまおうと思ったことか・・・
今44ページなんですが、ずっとこんな感じなんでしょうか?






[PR]
# by uzuztama | 2017-10-25 20:27 | 読む | Comments(2)
10/16の着物
2017年 10月 17日
寒暖差が激しすぎます。
一ヶ月ちょっと前に、「単衣の時期だけど30℃越え、薄モノ着ても大丈夫かしらん」と悩んでいたのがうそのようです。
紅葉の季節から桜の季節までが羽織の着用時期だそうですが、寒いので羽織着用です。
雨降りでしたので、羽織も着物も濡れてもへっちゃらシルック素材です。
こちらの着物は、なぜだか着るのを忘れてしまい、菊の柄が目立っているので、できるだけ秋のうちに着ておきたかったのになぁと思いつつ、冬以降に着ることが多い着物です。
今年はちゃんと秋のうちに着ることができました。

b0131366_15464901.jpg
b0131366_15470999.jpg

いつもいつも着物の下前が緩んでくるので、今回はコーリンベルトの留める位置を変えてみました。
(長襦袢は腰紐付きなので大丈夫なのです)
通常は左右対称の高さに留めるのですが、下前はもうちょっと高い位置に留めてみました。
下前は掛衿の端ギリギリぐらい、上前は帯で隠れる位置です。
結果は成功でした。
いつものように緩んでくることはありませんでした。
左右でおんなじ位置に留めないといけないと思っていたのですが、そういうわけでもなかったんですね。
(「私の場合は」ということかもしれませんが)
今後はこの方法に変えたいと思います。




10/16のお稽古:五行棚炭手前






[PR]
# by uzuztama | 2017-10-17 16:04 | 着物を着た日 | Comments(4)
出来ました
2017年 10月 02日
ポーチ①下②上右③上左
b0131366_10554251.jpg
ティッシュケース④右⑤左
b0131366_10561018.jpg
覆い布?⑥
b0131366_10563756.jpg
b0131366_10565048.jpg
お細工物ができあがりました。
ポーチが三点、ティッシュケースが二点、とりあえず裏を付けたのが一点です。
b0131366_10551178.jpg
もともとの布はこんな感じの細切れでした。
大きいものが角2封筒ぐらい、小さいものは名刺大にも満たないものです。
b0131366_10552961.jpg
それをこういう感じに裁断して、上記の①~⑥になりました。
⑥に関しては、ポーチが3つ既に出来ていて他に作りたいものもなかったのと、何より柄がちょうど綺麗に入っていて、鋏を入れるのが惜しかったので、裏を付けるだけにしました。
端切れのままで置いておくよりは良いかなと思いましたので・・・
①③⑤が私用、②④⑥が姉のところに行きます。
今回のお細工物は廃棄物0で(直角にするために数mm幅の切れ端はありましたが)、全て使い切りました。
大満足です。





[PR]
# by uzuztama | 2017-10-02 11:07 | お針 | Comments(4)
9/27の着物
2017年 09月 28日
b0131366_16383398.jpg
雪輪の単衣ポリ小紋に博多帯を合わせました。
いつもなら白っぽい帯を合わせるのですが、秋単衣ということで頑張って濃いめの色にしてみました。
(合ってないとは思わないのですが、なんだか落ち着きません)
9月も最終週なので、絽の半襟ははずしてレースの半襟、帯揚も袷用のものにしました。


9/27のお稽古:逆勝手炭手前






[PR]
# by uzuztama | 2017-09-28 16:48 | 着物を着た日 | Comments(0)
検討中
2017年 09月 25日
b0131366_11330948.jpg
b0131366_11332177.jpg
b0131366_11333279.jpg
b0131366_11334148.jpg

実家でなかなか良い柄の端切れを見つけました。
全部集めても、袖一枚に満たないくらいです。
これで小物を作ろうと着々と進行中でした・・・
洗って綺麗にし、接着芯を貼って補強するまではスムーズにできたのですが、どこの柄を優先するかとか、どう配置するかとか、ここの穴をこうよけてとかで少々手間取っています。





[PR]
# by uzuztama | 2017-09-25 11:39 | お針 | Comments(4)
9/13の着物
2017年 09月 14日
b0131366_13263878.jpg
ポリ紗小紋に紗献上です。
9月も半ばだしなぁと、だいぶ悩んだのですが、如何せん30℃超えの快晴となれば、大目に見てもらえるだろうと、夏物に逆戻りです。
一応、透け感の低いものにしました。
せめて帯だけでも単の帯にしようかとも思ったのですが、なんだか紗には合わない気がします。
悩んだ末に、いさぎよく夏帯を締めることにしました。

こういう場合(9月半ばに夏物を着る場合)のために、博多献上の八寸を買おう!と思いつき・・・
でもこういう機会はそうそうないだろうし、いや天候不順だからありえるかも、買っちゃう?、やめとく?、ともんもんとすることしばし・・・
最初は白や生成りの無地の博多献上があればと思っていたのですが、探していると色の入ったものに心惹かれます。
でも、お値段がだいぶあがります。
また、私の持っている着物って、「博多献上がすごくよく合う」というのは少ないように思います。
・暑くて夏物を9月半ば以降に着るとき用(万が一に備えて)
・夏帯はそこそこあるから、あえて7・8月には締めないと思う
・夏物を着るほど暑い日なら、紗献上でも大目に見てもらえるんじゃない?
・袷の時期の着用としては4・5・10月?
・合う着物があんまり無い気がする
・そんなに暑い日なら、着物じゃなくてもう洋服にすれば?
う~ん、お値打ちのにどこかで巡り合えたらということで、今回は見送るほうが無難ですね。
長襦袢はお初の麻です。


9/13のお稽古:盆点・茶筅荘り





ちなみに「これ好き♡」と思ったのは、こちらです。
b0131366_11285102.jpg








[PR]
# by uzuztama | 2017-09-14 10:04 | 着物を着た日 | Comments(8)
麻の長襦袢と正絹小紋
2017年 09月 10日
お仕立てをお願いしていた2枚が届きました。
麻の長襦袢と袷の正絹小紋です。
お安いですが時間がかかりますよ、というところにお願いしました。
9月になんとか間に合えばと7月に反物を送り、だいだい1ヵ月半で仕上がってきました。
b0131366_17534678.jpg
一枚しか持っていない麻の長襦袢に、襟開きのところに小さい穴が・・・
初夏~秋口(5月半ば〜9月)は麻の長襦袢はヘビロテで、二枚目があったほうが良いとは前から思っていて、背縫いを一度直した時に、二枚目用の反物は用意していたのですが、うかつにも自分で縫ってみようかななどと野望をいだき、「材料調達→放置」の黄金パターンで箪笥で眠っていました。
(麻は縫いやすいだろうし、長襦袢は多少へたくそでも外から見えないし・・・と思っていたのです)
一枚目に小穴を発見し、これはもう急がないと、と仕立てをお願いすることにしました。
時間のかかるところだから、運が良ければ9月、だめならまぁ来季に間に合えば良いと思っていたのですが、早目の仕上がりで助かりました。
これで長襦袢二枚体制になり万全です。
b0131366_19480046.jpg
小紋はもう10年近く前にヤフオクで入手したものです。
今仕立てなくてもいいなぁと温存していたら、ものすごい長期保存になってしまいました。
入手した当初は、柄の一色のあかい色を八掛にするつもりだったのですが、今は違います。
地色の共濃にしました。
この色合いだったら、長く着られると思うのです。






[PR]
# by uzuztama | 2017-09-10 05:28 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(0)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
最新のコメント
◎うまこさん えぇ、満..
by uzuztama at 13:16
白いアジサイが満開、 ..
by yamamotoyk at 19:53
◎香子さん 頑張りまし..
by uzuztama at 10:40
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 10:29
◎ziziさん このチ..
by uzuztama at 10:13
◎ziziさん ホント..
by uzuztama at 10:08
おおぅ、頑張りましたね〜..
by 香子 at 00:04
このチョコだけは 手を出..
by zizi at 23:51
こちらは本当に人気ですね..
by zizi at 23:49
わお~!ステキです☆ ..
by yamamotoyk at 21:30
ライフログ
検索
タグ
(165)
(105)
(88)
(86)
(83)
(73)
(39)
(35)
(35)
(33)
(19)
(17)
(16)
(13)
(12)
(10)
(7)
(5)
(5)
(2)
ファン
記事ランキング
画像一覧