タグ:正絹 ( 86 ) タグの人気記事
20年前の1/15の着物
2008年 01月 15日
20年前の1/15、私は20歳でした。
あぁ~懐かしい・・・
この日は地元の成人式には出席せず、三十三間堂の通し矢に参加しておりました。
通し矢には、新成人及び上級者が参加できます。
「通し矢」と呼ばれてはいますが、実際には「大的大会」で、遠的射会になります。

b0131366_10295085.jpgb0131366_1030944.jpg

左の画像の後列真ん中あたり、右の画像の右から2人目が私です。
この日、女性は皆、振袖に袴で参加するのですが、袖は邪魔になりますから、たすき掛けです。
普通のたすき掛けでは、袖が奇麗に納まらないので、袖を畳んでからたすき掛けをします。
一応教えてもらったのですが、詳しい方法はもう覚えておりません。

この日は、淡い水色の一つ紋の色無地の振袖に、紺の袴でした。
振袖として着た時の写真は↓です。
隣に写っているのはダンナです。

b0131366_10305738.jpgこれもまた懐かしい・・・
(今よりだいぶ細いわぁ・・・)
こちらは約11年前に撮ったもの、これが振袖の着納めでした。

以前お披露目した黒の絞りの振袖を購入した際、袴下にはあまり適していないわねぇということになり、袴下用にと色無地の振袖も作ってもらったのです。
色無地の振袖は比較的安価で作れたため(色無地の着物とさほど変わらない価格だったと思います)、母が太っ腹になり、振袖を2枚誂えもらえることになりました。
絞りの振袖は20代前半に、色無地の振袖は20代後半になってから、共によく着ました。
(お母さんありがとう、感謝しています)
[PR]
by uzuztama | 2008-01-15 10:28 | 着物&着物廻りいろいろ | Comments(0)
12/19の着物
2007年 12月 19日
b0131366_5132533.jpgb0131366_5134129.jpg
淡い緑の紅花紬に栗山の孔雀の帯、

b0131366_514538.jpg

帯揚は”ゑり萬”、帯締は白の冠組です。

いやぁ、”ゑり萬”も”栗山孔雀”も優秀です。
思い通りの奇麗なコーデが完成し、しごく満足です。
って、こういうコーデを想定して、集めてきたモノたちですもの、合ってくれなきゃ困ります。

にしても、淡い緑の紅花紬、とっても固いです。
なんか、ごわごわしています。
ピンクの方はそうでもないのですが、こちらは非常に着にくいです。
湯通しがいま一つだったのではないかと疑っています。
沢山着れば柔らかくなるかと思い、せっせと着ているのですが、今のところ効果無しです。
一度、洗い張りをして仕立て直すと、柔らかく着易くなるのではないかと思うのですが、汚れてもいないし、サイズも大丈夫な着物ですので、出費が痛いです。
何か良い手はないのでしょうか・・・
スチームアイロンをかけてみましょうか・・・


今日の御稽古:花月 且座之式(私は東で、お濃茶をたてました)
[PR]
by uzuztama | 2007-12-19 05:12 | 着物を着た日 | Comments(0)
12/12の着物
2007年 12月 12日
b0131366_537352.jpgb0131366_5371520.jpg

青紫?紺藍?(若干紫がかった紺色)の千總小紋に、生成りのうろこ模様の名古屋帯です。
着物の柄が賑やかな時は、白い帯って、ホント重宝します。
白い帯を重宝がるとは、柄×柄をこなすだけの気力が、衰えてきたようにも感じます。
羽織は刈安色のシルックです。
羽織紐が悪目立ちしていますね。
取り替えないと・・・

b0131366_5373182.jpgb0131366_5374290.jpg

帯廻りは、鶸色セットか胡桃染セットか悩んだ末に、今回は鶸色セットを採用です。
柄があるんだか無いんだか、でも真っ白じゃなさそうだ、という雰囲気にしたかったのです。
帯揚は2点とも・・・「ゑり萬」でございますっ!
絞りの帯揚げに慣れている私には、綸子の薄さが微妙に物足りなく・・・隙間をうまくふさげない・・・なんか奇麗に結び目が作れない・・・でも、憧れのゑり萬ですもの、精進しますっ!
がんばって慣れてみせますっ!

使い勝手よりブランド信仰を優先する自分を情けないなぁと思いつつ・・・



昨日のお稽古:台天目
[PR]
by uzuztama | 2007-12-12 05:36 | 着物を着た日 | Comments(0)
12/5の着物
2007年 12月 05日
b0131366_5494897.jpgb0131366_5495662.jpg
辛子色の小紋に、臙脂・朱・洗柿の横段の名古屋帯です。
なるべく、洗柿のところがお太鼓にたくさん出てくるよう、調節しました。

b0131366_550121.jpg
着物には桜も飛んでいるのですが、微妙に紅葉には出遅れながらも、この紅葉と流水で「竜田川だぁ~」と・・・

「もう今年が限界か?」と言いながら、毎度毎度しぶとく着ております。
朱の八掛は、とっくの昔にデッドラインを超えました。
いい加減に八掛を取り替えないといけません。
八掛を取り換えれば、まだいけるかな・・・と悪あがきでございます。

b0131366_5503343.jpgb0131366_5504085.jpg
さすがに、淡いオレンジの絞りの帯揚はかわいらしくなりすぎて、右側のベージュの帯揚に白い帯締を採用。

b0131366_551479.jpgb0131366_5511517.jpg
羽織は、派手になってしまった赤い鮫小紋を染め直して羽織に仕立て直したものです。
地色は海老茶に近い臙脂です。
後にも先にも、染め直し・仕立て直しをしたのはこれ一枚きりです。
悉皆屋さんで、柄見本を山と積み、柄を選ぶのは楽しかったです。
自前で羽織を作り始めた最初の頃でしたので、正統派の羽織丈です。
今なら、もうちょい丈を長くしていたかも・・・


今日のお稽古:行台子・濃茶
[PR]
by uzuztama | 2007-12-05 05:52 | 着物を着た日 | Comments(0)
11/21の着物
2007年 11月 21日
b0131366_1415526.jpg
b0131366_1421100.jpg
b0131366_142743.jpg

[PR]
by uzuztama | 2007-11-21 21:41 | 着物を着た日 | Comments(0)
11/14の着物
2007年 11月 14日
b0131366_1394430.jpg
b0131366_1395017.jpg

[PR]
by uzuztama | 2007-11-14 21:39 | 着物を着た日 | Comments(0)
10/17の着物
2007年 10月 17日
b0131366_1174928.jpg
b0131366_117577.jpg
b0131366_118942.jpg
b0131366_1182950.jpg

[PR]
by uzuztama | 2007-10-17 22:17 | 着物を着た日 | Comments(0)
12/20の着物
2006年 12月 20日
b0131366_2259593.jpgb0131366_22591417.jpg
先日の黒の渋派手小紋を、もう一度着ました。
帯はベージュの横段模様の袋帯に替えました。
今回は正統派コーデです。
帯締は抹茶色と濃いピンクで、濃い色を持ってきたつもりだったのですが、あまり目立ってませんね。
帯揚は、帯と一体化するよう、同系色のベージュです。

 

b0131366_22592985.jpgb0131366_22593765.jpg
羽織は、色無地紋付羽織です。
丈は110cm前後ですから、2尺9寸です。
これだと、ようやく長羽織らしいシルエットになります。
私の場合、2尺6寸で膝丈、2尺9寸で長羽織ということなるようです。

昨日のお稽古:台子の炭手前(初釜でやります・・)
[PR]
by uzuztama | 2006-12-20 22:57 | 着物を着た日 | Comments(0)
12/6の着物
2006年 12月 06日
b0131366_23255463.jpgb0131366_23261233.jpgb0131366_23262053.jpgb0131366_23262874.jpg


[PR]
by uzuztama | 2006-12-06 23:24 | 着物を着た日 | Comments(0)
七五三
2006年 11月 19日
b0131366_23584027.jpg

昨日は、近所のお宮さんに七五三参りに行って来ました。

b0131366_23593182.jpgb0131366_23595974.jpg

上の子は、赤紫地の総柄の振袖に、私の自作の見事な出来栄え(!)の作り帯を締めました。
彼女は今まで三尺しか締めたことがなかったので、固い帯に大喜びです。
自身も子供ながら、くしゅくしゅ帯は小さい子のもの、という認識があるようです。
朝一番に「出来た?」と言いながら覗きにきて、完成品を見て「やった~♪」と言っておりました。
帯揚は、私の振袖用のものです。
長くて胴周りを二周するくらいありました。
しごきは本当に長かったです。
四周巻いて、ようやく程好い長さになりました。

b0131366_00437.jpgb0131366_01533.jpg

下の子も草履を履いて出かけたのですが、5mも歩かないうちに脱げてしまいました。
急遽、靴に履き替えて、草履は記念撮影の際のみ履きました。
全然見えていないから、どっちでも良かったかもしれません。
袴は、動いているうちにだんだんと下がってきてしまいました。
もう少し多めに、裾上げをしておいたほうが良かったようです。
扇子を広げてみたくてしかたがないのですが、固くて広げられず少々不満です。
ダンナから「バカ殿様」と呼ばれていました。
私は「将軍家御世継」のようだと思うのですが・・・(親ばか)。

b0131366_02353.jpgb0131366_021965.jpg

私の着物は、淡いクリーム地の付下げで、若奥様モードです。
帯は姑より「派手になったから」と譲り受けたもの、帯揚・帯締は萌黄色です。
偶然にも、帯の柄の菊の色と、着物の柄の菊の色が同じです。



千總でございます・・・

b0131366_024889.jpg

いつもは1人分の着付け・後片付けだけですが、3人が着ると3倍です。
脱いだ後のこの山はいったい何~といった感じです。
少々疲れましたが、無事済んでよかったです。

晩ごはん:焼肉(着替えてから行きました)
[PR]
by uzuztama | 2006-11-19 23:57 | 着物を着た日 | Comments(0)



uzuz の諸々覚書
by uzuztama
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
着物を着た日
着物&着物廻りいろいろ
お手入れ
お針
お出かけ
お買い物
お稽古
お髪
庭・花
水耕栽培
作る
直す
読む
食べる

以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新のコメント
◎香子さん なかなかの..
by uzuztama at 15:52
あらまあ、ケタが違ってま..
by 香子 at 07:14
◎香子さん お褒めいた..
by uzuztama at 17:15
◎うまこさん ありがと..
by uzuztama at 17:15
相変わらずステキです♪ ..
by 香子 at 08:42
こちらもまた上品ですてき..
by yamamotoyk at 22:39
◎香子さん 入学式、無..
by uzuztama at 19:07
◎うまこさん ホントで..
by uzuztama at 19:06
明日入学式でしょうか? ..
by 香子 at 20:42
なるほど、桜餅コーデです..
by yamamotoyk at 20:32
ライフログ
検索
タグ
(163)
(105)
(88)
(86)
(83)
(71)
(39)
(35)
(35)
(33)
(19)
(16)
(15)
(13)
(10)
(10)
(7)
(5)
(5)
(2)
ファン
記事ランキング
画像一覧